《ペイルムーン》デッキのプレイングまとめ

Twitterに書いたものの転記・追記です。

使用するデッキは、先日公開したこちらです。
最初は「ゴールデン・ビーストテイマー」にライドして、相手を追い込んだら「祝砲竜 エンド・オブ・ステージ」で〆るというプラン。
初回は他のグレード3にライドしたくないので、手札交換の「ブラッシー・バニー」「ミス・ディレクション」を使って回します。



プレイングのポイントは6つ。
続きに、デッキレシピとポイントをまとめます。

■デッキレシピ
G3(10枚)
4x祝砲竜 エンド・オブ・ステージ
4xゴールデン・ビーストテイマー
2xナイトメアドール ありす

G2(11枚)
4xミス・ディレクション
4x夜空の舞姫
3xジャンピング・ジル

G1(12枚)
4xブラッシー・バニー
4xミッドナイト・バニー
4xパープル・トラピージスト

G0(17枚)
1xエンターテイン・メッセンジャー
4xダイナマイト・ジャグラー【☆】
4xポイゾン・ジャグラー【☆】
4x冥界の催眠術師【引】
4xお菓子なピエロ【治】

「祝砲竜 エンド・オブ・ステージ」は4枚入れています。
減らしているデッキもよく見かけますが、個人的には4枚入れても問題ないと思いました。
余ったら捨てればいいだけなので……。


■ポイント1……ブーストの配置について
基本はゴールデン・ビーストテイマーで攻めます。
除去が強いクランとの対戦でない限り、前列に+3000の修正を狙って配置しましょう。

V裏に配置したいのは「ブラッシー・バニー」。【アクセル】【プロテクト】が相手なら「パープル・トラピージスト」でもOK。
「ミッドナイト・バニー」は、左右の後列に配置したいところです。

「エンド・オブ・ステージ」の能力を使うためには、バトル終了時までソウルを増やすことができません。
そのため、ブースト時の強制ソウルチャージを持つ「ミッドナイト」は、最終的にはV裏にいない方がいいです。
V裏に置いた場合は、カウンターブラストと相談して早めに能力を使ってソウルに逃がすことも検討しましょう。


■ポイント2……4枚の「エンド・オブ・ステージ」について

「ブラッシー」や「ミス・ディレクション」で捨てる(ソウルに置く)時、不要なタイミングなら「エンド・オブ・ステージ」を選びます。
このデッキは手札がカツカツで、手札にカードを温存するのは難しいからです。
「エンド・オブ・ステージ」は最後に1枚手札にあればいいので、あとでまた引いてくることに賭けましょう。

あと個人的には初回のライドが「エンド・オブ・ステージ」になるくらいなら、Gアシストで「ゴールデン・ビーストテイマー」を探してライドする方を選びます。
このデッキは、初回ライドの「エンド・オブ・ステージ」を機能させることが難しいためです。


■ポイント3……「エンド・オブ・ステージ」を使う時の注意点
前述したとおり「エンド・オブ・ステージ」を使うタイミングでは「強制ソウルチャージ」がディスシナジーになります。
このデッキでは「ミッドナイト」が強制ソウルチャージの能力を持っているので、注意が必要です。

そのため
・V裏に「ミッドナイト」は配置しない(いる場合はトリガーで上書きも視野)
・左右後列の「ミッドナイト」は前列に出し、別のブーストを用意する

という状態が必要になります。

直前のターンにインターセプトが必要なら「ミッドナイト」の前にいるユニットを優先的に選びたいところです。


■ポイント4……「ゴールデン・ビーストテイマー」で押し切る場合
「エンド・オブ・ステージ」は、毎回使うわけではありません。(引けるとも限りませんし)
相手がダメージを与えてくれるなら「ゴールデン」再ライドは強いです。
再ライドすればソウルにゴールデンが必ずあるので、アタッカーも尽きませんし。

このデッキは手札の温存が難しいと書きましたが、カウンターブラストがある状態での2枚目の「ゴールデン」は、無理しても温存する価値があります。


■ポイント5……ソウルチャージについて
ソウルの枚数は、主に「ミッドナイト」と、グレード3以降の「ブラッシー」で賄います。
特に「ブラッシー」は2枚チャージできるので「ありす」のコストと対象を一気に補充できたりします。
序盤の手札入れ替えにつうのか、グレード3まで待つのか、しっかり見極めて使いましょう。

特に「夜空の舞姫」を使った場合はソウルが不足しやすいので注意が必要です。

「ミス・ディレクション」もそれなりに使いますが、カウンターブラストが必要なので優先度は下がります。
純粋にソウルを溜めるためというよりは「トラピージスト」と組み合わせて、ソウルを溜めつつ手札を回すカードという感じですね。


■ポイント6……ダメージをコントロールするために「リアガードに攻撃を向けさせる」テクニック。
このデッキは「ゴールデン」のためにカウンターブラストが必要です。
そのため、相手にはヴァンガードを適度に攻撃して欲しいところ。

前列リアガードにいる「ありす」と「トラピージスト」は、攻撃されやすいユニットです。
ダメージが欲しいタイミングでは、彼女たちを展開しすぎないようにしましょう。
逆にダメージをもらいすぎると思ったら、彼女たちを前列に出せば、相手の攻撃を誘えます。
(ダメージ5の時には、さすがにヴァンガードに集中されるでしょうけど……)

リアガードもうまく使って、ガードの手札を節約できるといいですね。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

一城なつき



ゲーマー、管理栄養士、ゲームライター。
遊んだり考えたり書いたりしています。
Twitter:@castle1moon

【お仕事】
■雑誌
2018年~
カードゲーマー(ホビージャパン

■WEB記事
2018年
ブシロードワールドグランプリ(WGP)2018レポート(掲載:4Gamer.net
GrandPrix AKIBA 2018レポート(掲載:4Gamer.net
トリプルモンスターズ攻略記事(掲載:ホビージャパン

■書籍
「ポイントはたったの3つ! マンガでわかる妊娠中のレシピ」

■リンク
一城なつきのJUNK!×3
ヴァンガード公式
ヴァンガードch
ダブクリ速報V
しろくろ速報
Amazon
ブログ管理ページ

月別アーカイブ