「パープル・トラピージスト」をどこで使うか?

「パープル・トラピージスト」を使うタイミングは、大きく3つあります。



1、「ジャンピング・ジル」と組み合わせて使う
2、「ミス・ディレクション」と組み合わせて使う
3、「祝砲竜 エンド・オブ・ステージ」と組み合わせて使う


いずれも盤面のカードを1枚増やせることになりますが、せっかくならより有効なタイミングで使いたいものです。

■「ジャンピング・ジル」と組み合わせて使う場合

たとえば、先に「トラピージスト」のラインで攻撃した後に「ゴールデン・ビーストテイマー」から「ジル」を出して……というパターン。

《ペイルムーン》の基本の動きとも言えるでしょう。
攻撃(ブースト)後の「トラピージスト」を活用できるので、無駄がありません。
積極的に使っていきたいところですね。

注意点……と言うほどのものではありませんが、「ゴールデン・ビーストテイマー」の+3000の恩恵を受けにくくなる点は覚えておきましょう。
「トラピージスト」のラインが弱くなりがちなので、どこに攻撃するかが重要です。


■「ミス・ディレクション」と組み合わせて使う場合

メインフェイズで使用することになるので、攻撃回数を増やすためには使えません
せっかくなので攻撃回数も増やしたいというのが人情ではありますが、カウンターブラストを使う「ミス・ディレクション」でカードを増やせないのは、ちょっともったいない。

しかし「ミス・ディレクション」は2枚のドローができます。
2枚目3枚目の「トラピージスト」を引いて、次の「ジル」などにつなげる役割という感じですね。
得に序盤なら、1枚カードを増やしておくのも悪くないはずです。


■「祝砲竜 エンド・オブ・ステージ」と組み合わせて使う場合

Vスタンドのコストとして「トラピージスト」を吸い込み、リアガードを展開して追撃する……という使い方。
公式でも何度も紹介されている使い方ですが、悩ましい点がひとつ。

V裏にブーストを用意するべきか、
【アクセル】サークルにアタッカーを用意するべきか。


V裏に置くメリットは、守護者制限を得た「エンド・オブ・ステージ」のパワーを上げることで相手のガードを多く切らせることができるというものです。
【アクセル】サークルに普通のアタッカーをコールしても、余った守護者で守られるだけですし。

ただし相手の手札に守護者がない場合は、アタッカーの方が有利になります。
単純に要求する数字はV裏より大きくなりますし、トリガーも割り振れますからね。

相手の手札にどれだけガードがあるかを把握して、コールする場所を変えるのが良さそうです。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

一城なつき



ゲーマー、管理栄養士、ゲームライター。
遊んだり考えたり書いたりしています。
Twitter:@castle1moon

【お仕事】
■雑誌
2018年~
カードゲーマー(ホビージャパン

■WEB記事
2018年
ブシロードワールドグランプリ(WGP)2018レポート(掲載:4Gamer.net
GrandPrix AKIBA 2018レポート(掲載:4Gamer.net
トリプルモンスターズ攻略記事(掲載:ホビージャパン

■書籍
「ポイントはたったの3つ! マンガでわかる妊娠中のレシピ」

■リンク
一城なつきのJUNK!×3
ヴァンガード公式
ヴァンガードch
ダブクリ速報V
しろくろ速報
Amazon
ブログ管理ページ

月別アーカイブ