『最凶!根絶者』環境の《ペイルムーン》デッキ案

スタンダード環境の《ペイルムーン》のデッキ案です。

VRの「祝砲竜 エンド・オブ・ステージ」は、これまでのデッキとは異なる方向性の能力で、パッと見……というか、実際に使ってみてもかなりクセの強いものになっています。
(ただし、カウンターブラストが不要という点は、他のカードにはない利点です)



今回は公式も推している「ゴールデン・ビーストテイマー」と「祝砲竜」のデッキを構築してみました。
細かいテクニックも含め、書いてみようと思います。

■デッキレシピ
G3(10枚)
4x祝砲竜 エンド・オブ・ステージ
4xゴールデン・ビーストテイマー
2xナイトメアドール ありす
G2(11枚)
4xミス・ディレクション
4x夜空の舞姫
3xジャンピング・ジル
G1(12枚)
4xブラッシー・バニー
4xミッドナイト・バニー
4xパープル・トラピージスト
G0(17枚)
1xエンターテイン・メッセンジャー
4xダイナマイト・ジャグラー【☆】
4xポイゾン・ジャグラー【☆】
4x冥界の催眠術師【引】
4xお菓子なピエロ【治】

トリガーは☆優先です。
「ゴールデン」だけの場合は両方アリだと思いますが、「祝砲竜」は☆だけに絞った方が使いやすそう。


■動き方その1、ライドについて
最初のライドで「祝砲竜」に乗ると、イマジナリーギフトがあるだけのバニラになってしまいます。
さすがにバニラで勝たせてもらえることはほぼないので、まずは「ゴールデン」にライドする必要があります。
(最低でも「ありす」にライドして「ジル」を+5000でコールしたい)

そこで役立つのが「ミス・ディレクション」と「ブラッシー・バニー」。
手札交換の能力で「ゴールデン」を引き込みましょう。


 

「祝砲竜」は4枚入っているので、序盤に引いた分は捨てても構いません。
余分なカードを抱えながら戦う余裕はありませんから、あとで引くことに期待しましょう。


■動き方その2、「祝砲竜」に再ライドした時の注意
はじめは「ゴールデン」で攻撃し、カウンターブラストやソウルが枯渇したら「祝砲竜」に再ライドします。
ダメージは少なくとも4まで詰めておきたいところです。



ここで重要なのは、以下の2点。
1、「祝砲竜」の攻撃前に、残ったリアガードで攻撃しておくこと
2、ソウルを増やさないこと

特に2が重要です。

《ペイルムーン》のカードには、ソウルチャージが強制というものがいくつかあります。
デッキには入れていませんが「ニトロジャグラー」の登場時能力などがそうです。
うっかり使ってしまうと「祝砲竜」がスタンドできなくなります。

デッキ内で注意したいのは「ミッドナイト・バニー」
ブースト時に強制でソウルを増やしてしまうため、ブーストしてはいけません。
できれば
「直前のターンに、前にいるG2をインターセプトで消しておく」
「バニーを前に移動させて、トリガーユニットと合わせて13000ラインを作る」

などができれば理想です。

あとは「パープル・トラピージスト」について。
「祝砲竜」との相性が良く公式の動画でも紹介されていますが、狙えば2~3枚は置けることもあります。
手札交換があるので、けっこう掘り進められるんですよね。
ただ、途中で「ミス・ディレクション」や「ジャンピング・ジル」で使う方がいい場合は多いので、無理は禁物。

使えた場合には、相手の手札の状況次第で「ブースト役」「ナイトメアドール ありす」あたりをコールしましょう。
「ありす」に完全ガードを使わせて、その後「祝砲竜」をガードさせて、最後に「ありす」からコールしたユニットでトドメ……という感じで。
それが見えない状況で「祝砲竜」を使うなら、3~4回トリガーを引くことを祈りましょう。


■動き方その3、対【フォース】について
リアガードのパワーが全然上がらないデッキなので、対【フォース】は正直かなりきついです。
かろうじて「夜空の舞姫」が単騎パワー12000になれるので、大事に使いましょう。



アドバンテージも取れるし、ソウルにいれば要求も取れる。
さすがに良いカードだったので4枚に増やしました。
「ゴールデン」がVの時には、ソウルからコールして12000、「ゴールデン」の能力で+3000、
さらに8000ブーストがあれば23000まで持っていけるのが優秀です。
もちろん【アクセル】サークルでもOK。

対【フォース】の場合は、中盤~終盤の攻守の要になるカードかなと思います。「ありす」でコールできる点も重要ですね。


■そのほかのカードについて
まだ触っていないので、なんとも評価しがたいところです。
見た感じで評価すると……
「ネフライト・ビーストテイマー」は「ゴールデン」軸で使えそうな能力。
今回は「祝砲竜」がいるので「ブラッシー・バニー」を優先しましたが、アリだとは思います。

「キメラ」3体はパワーが魅力的です。
上手くそろえられれば+10000できるというのは《ペイルムーン》には希少。

機会があれば、他のカードを入れた構築も見てみたいですね。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

一城なつき



ゲーマー、管理栄養士、ゲームライター。
遊んだり考えたり書いたりしています。
Twitter:@castle1moon

【お仕事】
■雑誌
2018年~
カードゲーマー(ホビージャパン

■WEB記事
2018年
ブシロードワールドグランプリ(WGP)2018レポート(掲載:4Gamer.net
GrandPrix AKIBA 2018レポート(掲載:4Gamer.net
トリプルモンスターズ攻略記事(掲載:ホビージャパン

■書籍
「ポイントはたったの3つ! マンガでわかる妊娠中のレシピ」

■リンク
一城なつきのJUNK!×3
ヴァンガード公式
ヴァンガードch
ダブクリ速報V
しろくろ速報
Amazon
ブログ管理ページ

月別アーカイブ