さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:ペイルムーンの攻撃
2012-03-08 Thu 21:02
ペイルムーンは、他のクランに比べてパワーが低い代わりに、
ソウルのユニットを利用した連続攻撃が得意です。

パワー型のクランの戦い方は、おおよそ
「ヴァンガードから攻撃して、クリティカルトリガーを通してダメージを稼ぐ」。
とりあえずヴァンガードを狙っておくというのが基本です。

対してペイルムーンは。

第3弾RRR《ナイトメアドールありす》:攻撃を通すには。

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■リアガードを狙え!

ペイルムーンの中でも《ナイトメアドールありす》や《ミッドナイト・バニー》を活用するタイプの場合、
相手のヴァンガードよりも、リアガードへ攻撃することが多くなります。

相手がパワーの低いユニットを前列に出してきたら、チャンスです。
そこを《ナイトメアドールありす》などで攻撃し、連続攻撃で相手のユニットをどんどん削りましょう。
(ソウルに攻撃役のクリーチャーがいるかは、前もって確認しましょう!)

相手の攻撃ユニットやインターセプトを一気に潰せれば儲けものですし、
相手がそれを嫌がって、手札をガードに使ってくれれば、それはそれでOKとなります。
手札を削って次の攻撃が通りやすくするのも、作戦のうちです。

そして相手の手札が少なくなり、連続攻撃が決められる隙が見えたら、
一気にヴァンガードを攻撃し、大ダメージを狙う……というのが、ペイルムーンの戦い方です。

特に《ナイトメアドールありす》+《パープル・トラピージスト》2枚の連続攻撃は、
一度決めたらクセになるはず。


■防御力の高い相手には

……しかし、最近は悠長なことを言っていられなくなりました。

後半に一気にダメージを稼ぐ戦い方の場合、
相手のヴァンガードが12000や13000になられてしまうと、非常に苦しくなります。
ブーストなしの攻撃がほとんど通らないため、連続攻撃が決まらないのです。

このあたりのクラン相手には、序盤から連続攻撃をヴァンガードに叩き込むことも多いですね。
相手がダメージトリガーをヴァンガードに乗せてきたら、リアガードを狙い始める感じで。

うまく序盤に5ダメージまで稼げれば、何とかチャンスが見えてきます。
……あとは、相手のヒールトリガーがめくれないことを祈るだけ。


■スタンドトリガーを活用した攻撃

《ナイトメアドールありす》の攻撃は、ソウル次第では非常に厄介な攻撃です。
相手としては「絶対にガードしたい」という攻撃なのですが……

そこへ、スタンドトリガーを叩き込んであげましょう!

クリティカルトリガーが少ないペイルムーンの場合、
《ありす》などの攻撃に完全ガードを消費してくれるシーンがあります。

そんな時にスタンドトリガーを引きこむことができれば、
相手は手札を消耗してガードしきれない可能性があります。
そこを起点にして連続攻撃を叩き込むのも、なかなかグッド。

ダマされたと思って、一度「治4・醒7・引5」あたりの構成を試してみてください。
きっと、予想以上にオモシロいはずです!
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:条件付き10000シールド

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:ファーストヴァンガードの今後
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |