さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


「カードファイト!! ヴァンガード」の“寿命”は……?
2017-06-11 Sun 22:14
非常に不穏なタイトルですが。

TCGは、常に「撤退」との隣り合わせです。
ある程度の期間TCGプレイヤーをやっている方は、
「撤退」してきたカードゲームを、いくつか見てきたのではないでしょうか?

できれば、自分の好きなカードゲームには「撤退」して欲しくないと思うのは人情ですが、
(※その割に「ヴァンガードは好きだけどブシロードは嫌い」と言う人が多いのが面白いところです)
果たして「カードファイト!! ヴァンガード」は、どんな時に終焉を迎えるのでしょうか……?

個人的な未来予想を、好き勝手に書いてみようと思います。



- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■事実その1、売れないカードゲームは撤退する。
これまでに私が見てきたカードゲームは、ほぼ「売れない」を原因として撤退しています。
(数少ない例外は「銀鍵のアルカディアトライブ」など)

カードゲームは、ビジネスとして展開されているゲームです。
有り余る資産を持つ大金持ちが、道楽で作っているゲームではないのです。

「ヴァンガード」が売れなくなった時は、撤退という判断もやむなしでしょう。

ここで言う「売れない」の線引きは難しいところですが、
「ゲームを作って、カードを印刷するためのコスト」が「売上」を下回れば、ほぼ撤退でしょう。
(利益が出なくなった時点で十中八九撤退でしょうけど)

……では、そうなる状況はどんなものか。


■事実その2、プレイヤーが満足できないカードゲームは売り上げが落ちる。
これはもう、我々プレイヤーなら実感しているところでしょう。

弱いパックは売れません。


■仮説その1、ヴァンガードの「インフレ」の限界
以前「ファンミーティング」でも明言されましたが、
「ヴァンガード」は、環境の整備を「インフレ」によって行っています。
(厳密には「インフレ」+「制限」)

現在のヴァンガードは、
グレード1バニラ=パワー8000、クリティカル1
グレード2バニラ=パワー10000、クリティカル1
グレード3の基本数値=パワー11000、クリティカル1
という数値に基づいて開発されていると思われます。

この数値を維持したまま「インフレ」するということは、
テキストの部分で強化するしかありません。

事実、現在のヴァンガードは、過去のカードよりもはるかに「コスト」が安くなり、
また「コスト回復」の条件も、非常に緩くなっています。

しかし……これには限界があるでしょう。
コストを安くした後の「インフレ」は、限界まで安いコストに対する、非常に大きな効果です。
コストをそれ以上安くすることはできませんから、

【起】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1)]相手のリアガードをすべて退却する。

この辺りが「ヴァンガード」のインフレの限界でしょう。


■仮説その2、コストや効果を維持したまま「インフレ」する方法
ここから先は、本当に想像でしかないのですが……
一応、他のTCGでは受け入れられているという事実をもとにした仮説です。

「クリティカル」の数字を維持したまま「パワー」だけを上げられないでしょうか?

たとえば「遊戯王」や「マジックザギャザリング」というカードゲームは、
「攻撃力」「パワー」という数字をインフレさせることができません。
プレイヤーのライフが8000や20である以上、
「攻撃力8000のモンスター」や「パワー20のクリーチャー」を、
そう易々と出されてしまっては、ゲームが成立しません。

しかし、
「デュエルマスターズ」は、パワーの数値をインフレさせています。
パワーがインフレしても、ダメージ(シールドブレイク数)が変わらなければ、
ゲームが成立するからです。

「ヴァンガード」も、極論すれば
「クリティカル」が変わらなければ「パワー」がインフレしても、ほぼ問題ない
ゲームだと思うのです。


■空想、ヴァンガード「新世界秩序」
グレード1バニラ=パワー9000
グレード2バニラ=パワー11000
グレード3の基本数値=13000

こんな世界も、もしかしたら「アリ」なんじゃあないかと、個人的には思うのです。
もちろん、過去のカードはパワーの面ではついていけません。
しかし、
現在の「コスト」がインフレしたカードに対して、パワーは高いが「コスト」はちょっと重いカード
これは、本当に「インフレ」と言えるのでしょうか?

もしも、これがプレイヤーに受け入れられるなら……
「ヴァンガード」の寿命は、かなり長いものになるのではないかと思います。
(個人的には《ペイルムーン》が戦える限りはついていく気持ちでいますが)



■蛇足……「新世界秩序」に関するMTGのコラム
新規プレイヤーを受け入れるためには、
「新世界秩序」が必要である、というお話。

新世界秩序

「新世界秩序」という言葉の定義は、この記事とは異なりますが。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:【今日のカード】『七色の歌姫』「アルカディアスター コーラル」「ツンデレライバル ルルカ」「熱誠の信奉者 ロロカ」

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:「常闇を裂く者 ブレダマオス」軸《ダークイレギュラーズ》デッキのプレイング
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |