さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年6月9日発売:ブースターパック『鬼神降臨』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


複数のユニットを【支配】した場合はどうなるのか?
2017-05-16 Tue 10:00
公式の【支配】解説ページのQ&Aでは、
一度に複数のユニットを【支配】する例が書かれています。

現段階では「複数同時【支配】」のユニットについては何も情報がありませんが、
おそらく『鬼神降臨』のRRRやGRで、そういった能力が登場するのでしょう。



- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■複数のユニットを【支配】する場合
Q.
複数のユニットを支配してアタックする場合、どのように処理を行いますか。
A.
同時に支配状態になります。1体ずつアタックの処理を行い、支配ファイターが個別にアタックの順番と対象を決めることができます。アタックできる支配状態のユニットがいなくなれば、一斉に支配状態が解除されます。


1体を【支配】する場合は、アタックできなくなった(アタックが終了した)時点で【支配】が解けますが、
複数を【支配】する場合は、最初にアタックした1体が攻撃を終了しても、
その能力で【支配】している他のユニットが攻撃可能なら、まだ【支配】は解除されない!

つまり、2番目にアタックしたユニットが持つ【時翔(タイムリープ)】に利用することもできます。
2番目にアタックしたユニットが「他の味方をスタンドさせる」能力を持っていれば、それも利用できます。

このルールは、しっかり覚えておきたいですね。


■【支配】で同士討ち?
Q.
複数のユニットを同時に支配したとき、支配されたユニットで、他の支配されたユニットをアタックすることはできますか?
A.
“相手の他のユニットにアタックする”とある場合、支配されたユニットで、他の支配されたユニットをアタックすることはできません。支配されたユニットは支配状態である限り、「あなたのユニット」であるかのように扱うためです。


これは、先の記事でご紹介した「支配状態である限り、支配側のユニットであるかのように扱う」という原則に照らし合わせれば、理解できそうです。

ここでの注意は「全員のアタックが終わるまで、すべて【支配】状態にある」という点。

相手のリアガードが2体の時に両方を【支配】したとします。
最初のアタックでダメージトリガーが出てヴァンガードのパワーが上がった場合、
もう1体のアタックは不発になってしまいます。

とはいえ、欠点はその程度で、むしろ使い道が広い分「複数【支配】」は凶悪そうですね……。
リアガードを利用するクランにとっては、かなりの痛手になりそうな予感。


果たして、どんな切り札が出てくるものなのでしょうか?楽しみに待ちましょう。


関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(ルール解説) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:【週刊ヴァンガ情報局】「閻魔忍鬼 ムジンロード」「忍竜 マドイ」「忍竜 テンレイ」など

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:新能力【支配】に関するテクニックや、カード個別の細かいQ&Aなど
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |