さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


「勝利条件を設定しよう」というお話。
2017-05-04 Thu 21:07
ゲームには、基本的に「勝利条件」というものが存在します。

たとえば「カードファイト!! ヴァンガード」なら、
代表的な勝利条件は「相手のダメージゾーンにカードが6枚置かれること」。

プレイヤーがそれぞれに「勝利条件」を満たそうとするのが、
一般的な「ゲーム」の在り方です。


ゲームに限らず、物事には「勝利条件」……言い換えると「目的」があることが多いです。

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■「勝利条件」のないゲーム
私は一応「個人投資家」として細々と株をやっているのですが、
「株でこれだけ儲けたら、これをやろう」という「勝利条件」を設定しなかったため、
利益を次の投資に回してお金を増やし続けるというゲームになっています。

このままカンストまで増やせばいいのかな。
これは「勝利条件」を設定しなかったために起きる、悪い例です。


■「勝利条件」を設定しよう
たとえば、あなたが「カードファイト!! ヴァンガード」を遊ぶ「目的」は、なんですか?
そのゲームは、どのようになったら「勝ち」なのでしょうか?

ヴァンガードのルールをデザインした、中村聡さん曰く、


プレイヤーがそれぞれに「勝利条件」を満たそうとするのが「ゲーム」ではありますが、
これはまた、違う次元の「ゲーム」が発生しています。

たとえば、大会で優勝しても祝福されない人がいます。
たとえば、ぜんぜん強くないのに慕われる人がいます。

TCGにおける「勝者」というのは、前者でしょうか、後者でしょうか。
……ちょっと極端な話ですけどね。

「勝者」とは、どんな状況・どんな人のことなのでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:大ヴァンガ祭2017に向けて

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:大ヴァンガ祭2017:大会でのトラブルを防ぐために
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |