さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年4月7日発売:レジェンドデッキ『The Blaster “Aichi Sendou”』
2017年5月12日発売:『ファイターズコレクション2017』


「時空竜 ビヨンドオーダー・ドラゴン」の能力が判明したそうで。
2017-04-16 Sun 21:45
リアルタイム視聴はできていませんが、
アニメで「時空竜 ビヨンドオーダー・ドラゴン」の能力が判明した!とのこと。
「時空竜 ビヨンドオーダー・ドラゴン」


テキストを予想すると、こんな感じ……。

「時空竜 ビヨンドオーダー・ドラゴン」
ギアクロニクル
グレード4 パワー1500+
【起】【(V)】【Gブレイク】(8):[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1),あなたの山札から8枚選び、バインドする]そのターン中、このユニットは『【自】【(V)】:このユニットがヴァンガードにアタックしたバトルの終了時、このユニットを【スタンド】し、そのターン中、ドライブ-1し、そのバトルフェイズの終了後に、追加のメインフェイズとバトルフェイズを追加する。』を得る。

続きは、カードの考察。

- - - - -

■山札から8枚をバインドするコスト!
グダグダな戦いになった時には確かに「コスト」として成立していますが、
残り山札が14枚以上あれば、山札切れで負けることは、まずありません。
(追加のメインフェイズに【時翔(タイムリープ)】を使うつもりなら、その分も含めて……)

14枚以上あれば、むしろ「トリガーの圧縮」という大きなメリットになりますね。


■Vスタンド!
トリガーを圧縮した状態で、Vスタンド!
これは強烈です。
リアガードが展開できているなら、その破壊力は言わずもがなでしょう。


■追加のメインフェイズ&バトルフェイズ!
ここで、新たな能力が登場!
「追加フェイズ」というのは、これまでになかったルールですね。

攻撃したリアガードをスタンドさせることはできませんが、
あらためて手札から展開することができますので、疑似的なリアガードスタンドとして機能します。
その後「ビヨンドオーダー」でトリガーをめくってリアガードに振っていく、というのが強い動きかな?


■使い方は難しい、でも気持ちよさそう!
《ギアクロニクル》は、全クラン中最も「GB8を達成しやすい」クランです。
その分「ビヨンドオーダー」は、コストも重めで、手札にアタッカーを持っている必要がある……
という、使い方が難しいカードに仕上がってきましたね。

ただし、理想的な使い方ができれば、とても気持ちい連続攻撃ができることでしょう!

最初のバトルフェイズでVを2回攻撃させるという動きも可能ですし、
かなりテクニカルな……そして、デッキを組みたくなる「専用デッキ型」のGB8ですね。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(カード考察) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:【今日のカード】『ファイターズコレクション2017』「集光の聖騎士 オルビウス・アヴァロン」

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:最近注目している動画「ヴァンガード普及協会」
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |