さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:「ドライブチェックでグレード3」能力
2012-02-21 Tue 18:44
2月21日の「今日のカード」は、バミューダ△の《ベルベットボイスレインディア》。
「ドライブチェックでグレード3の同クランユニットをめくった時に発動する能力」のユニットです。

《ベルベットボイスレインディア》
バミューダ△ マーメイド ノーマルユニット
グレード3 パワー10000 シールドなし ☆1
自【V】:[あなたの《バミューダ△》のリアガードを1枚選び、手札に戻す]
このユニットのドライブチェックでグレード3の《バミューダ△》がでた時、コストを払ってよい。
払ったら、あなたの手札から《バミューダ△》を1枚まで選び、ユニットのいない{R}にコールする。
FT:彼女の声の深遠さは、世界一の海溝に譬えられる。

ユニット設定
その海溝の如き声の深さ故に『深遠の唱姫』と名高いミステリアスなマーメイドシンガー。
数百年に一度の逸材と言われる程美しいソプラノボイスの持ち主であり、
人も動物も魔物ですらも微動だにせずその歌に聞き惚れるという。
上品・物静かな性格で一見アイドルという業種に向かないイメージだが、その声と性格の特異性は
昨今のアイドル界に一石を投じたと好評を得ているそうである。

この手の能力を持つユニットは他にも登場していますが、
ペイルムーンには、今のところ登場していません。
《レインディア》の能力は、ユニットの入れ替えという意味では、ペイルムーンにつながるところがありそうです。

第3弾SP《将軍ザイフリート》:グレード3をコール!

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■ペイルムーン版《レインディア》

ペイルムーン ノーマルユニット
グレード3 パワー10000 シールドなし ☆1
自【V】:[あなたの《ペイルムーン》のリアガードを1枚選び、ソウルに置く]
このユニットのドライブチェックでグレード3の《ペイルムーン》がでた時、コストを払ってよい。
払ったら、あなたのソウルから《ペイルムーン》を1枚まで選び、{R}にコールする。

「手札」と「ソウル」の差だけですが、能力は《パープル・トラピージスト》のようなトリッキーなもの。
他の能力は……つけなくてもいいかな?
《将軍ザイフリート》は、融通が利かない分パワーを上げる能力がついていますけど。


■ペイルムーンには、ペイルムーンらしい能力を。

コミックスタイル~双剣覚醒で大幅に補充されたとはいえ、
ペイルムーンのカードは、メインクランに比べて種類は少ないです。

そのためtwitterなんかでも、ペイルムーン使いの方の
「こんなユニットが欲しい!」という声は多く聞かれますね。

ただ、最近私は「ペイルムーンには、大きなパワーのユニットは必要ない」と思うようになりました。
ソウルから登場した時に「(条件付きで)単体でVを攻撃できる」程度のパワーはあって欲しいですが、
たとえば「ヴァンガードをブーストした時にパワー10000」というユニットは、そこまで欲しくはない能力。
(同様の能力は、メガコロニーの《ステルス・ミリピード》などが持っていますね)

私が使っているデッキが「スタンド重視」だからということもありますが、
今回の《レインディア》のように、スタンドトリガーと噛み合う能力であれば、ぜひ欲しいところです。
「攻撃済みのRを、ソウルのユニットと入れ替えることで疑似的にスタンド」となれば、
連続攻撃のチャンスが増えるわけですからね。

パワー系の能力は、たとえば「G3でパワー10000の《ジャンピング・ジル》」のように、
《ナイトメアドールありす》から入れ替えて、単体で相手Vを攻撃できるユニットは欲しいですけど。
……コレがあれば《パープル・トラピージスト》がなくても「入れ替え軸」で戦えますしね。

ソウルを利用して、トリッキーに立ち回る「ペイルムーンらしい能力」は、もっと選択肢が欲しいですね。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(カード考察) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:《宵闇の奇術師ロベール》

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:「アイコン」
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |