さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


【週刊ヴァンガードコラム】GB8を「クローザー型」と「専用デッキ型」に分類する
2017-04-13 Thu 19:43
4月13日に更新された【週刊ヴァンガードコラム】では、
『ファイターズコレクション2017』の開発意図などが語られています。

「G」シリーズが始まってから、約2年半。
あの時の「トリプルドライブ」の衝撃!は、もはや日常となりました。

そして、今回の新たな衝撃が「ゲームを終わらせるGB8」。
この記事では、コラム中の「GB8の部分」に注目して書いてみようと思います。

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■なぜ、GB8が必要だったのか?
コラムから引用すると、

> しかし、このヒールトリガーの強化と普遍的なトリプルドライブは、ある大きな課題をファイトに残しました。それは、攻め手を欠く展開の時にお互いドライブチェックでヒールトリガーがでると、ファイトが長期化してしまうということでした。
(略)
> もちろん攻めの方にファイトが寄る展開の方が多いのですが、今回はこの長期戦を何とかしようということで「ファイターズコレクション2017」の企画がスタートしました。

ヴァンガードは「お互いにヒールを引きまくって泥仕合になる」ということがあります。
それが「トリプルドライブ」によって、より顕著になった……ということですね。

現状、公開されているGB8のカードは、どれも「ゲームを終わらせる」にふさわしい能力。
しかも、コストがない(軽い)ので、消耗しきった後にも能力を狙うことができそうなものばかりです。


■「クローザー」要素と「専用デッキ」要素
GB8は「消耗戦に陥った時に、ゲームを終わらせる」というコンセプトでスタートしましたが、

> 単なる“長期化してしまったファイトのクローザー”ではカードとして深みが足りません

と。なるほど……。
私は以前の記事
> 条件が条件だけに、たとえば「ヒール合戦」になった場合に時間切れにならないための保険、という感じ
と書いていた通り、
「泥仕合の時にだけ登場するカード」という認識でいました。

しかし、確かにTwitterなどでコメントを拾ってみると、

「長期戦は無理だから使えない」

「Gペルソナの選択肢がないから使えない」

「《ギアクロニクル》以外は使えない」

……と、どちらかと言えば「このカードを使って勝つデッキ構築」を考えるプレイヤーの方が多いようです。
(※この手の意見は、不思議と否定的なほうを多く見かけます)

というわけで、

> 各ユニットによって配分は違いますが、「とりあえず1枚入れておくとクローザーとして使える」と「専用デッキを組んでみたくなる」、この2つのバランスが肝でした。

と、カードによっては「こいつを活躍させるための専用のデッキを組んでみよう!」という要素が強いのものも、あるようです。

GB8のカードを評価する際には、クランやデッキの特性も考慮して
「クローザー型」と「専用デッキ型」に分類した評価をした方が良いかもしれませんね。
優秀な「クローザー」を、「専用デッキが組めないから弱い」と切り捨てるのは、もったいないですから。


ちなみに「クローザー型」の「暴走凶鬼 ヘルハード・エイト」も、
「メカトレを4枚入れればGガーディアン連打から最速で出して……」
という専用デッキのアイディアがあったりするので、たしかにバランスと言えば、そうなのかも。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:《ダークイレギュラーズ》と、不吉な数字「13」。

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:【今日のカード】『ファイターズコレクション2017』「絶対零度の柩 ラトランド・ビトレイ」
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |