さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:「アイコン」
2012-02-20 Mon 19:48
ヴァンガードのカードやテキストには、いろいろな「アイコン」が使用されています。

カードの左上には、ユニットが持つ「ブースト」「インターセプト」「ツインドライブ!!」を示すアイコンが。
カードテキストには「自動能力」「起動能力」「永続能力」を示すアイコンや、
「カウンターブラスト」「ソウルブラスト」のコストを示すアイコン、
「ソウルチャージ」や「レスト」「スタンド」を示すアイコンなど……。

一度理解してしまえば、ビジュアルで動きを理解できるので便利なのですが、
慣れるまでは、結構混乱するものです。

クイックマニュアルに載っていないアイコンもありますし、
ヴァンガードをはじめたばかりのファイターには、壁になるかもしれません。

トライアルデッキ第5弾《銀狼の爪撃》(予約):4月21日発売予定。

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■アイコンの説明をしてみる。

アイコンには、大きくわけて3つがあります。

ひとつめは、カードの左上にある「スキルアイコン」。
ふたつめは、トリガーユニットのカード右上にある「トリガーアイコン」。
みっつめは、カードテキスト内にある「その他もろもろのアイコン」。

……いかん。みっつめが大変なことになっちゃったぞ。

とはいえ、最初に「自動・起動・永続アイコン」「ヴァンガード・リアガード・ガーディアンアイコン」
「ソウルチャージ・ソウルブラスト・カウンターブラストアイコン」「スタンド・レストアイコン」
「パワー・シールド・クリティカルアイコン」まで説明すると、余計混乱しそうですし。

まずは3つの分類を覚えることからスタートした方がいい気がします!


■「スキルアイコン」

カードの左上にあるアイコンは、グレードごとに持っている能力を示す「スキルアイコン」です。

グレード0とグレード1のユニットには、上向きの矢印型の「ブースト」アイコンがついています。
後列に配置すると、前列のユニットの攻撃を「ブースト(支援)」して強化することができます。

グレード2のユニットには、下向きの矢印を遮断する矢印型の「インターセプト」アイコン。
前列に配置すると、相手の攻撃時にガーディアンゾーンに移動し、守りに回れる能力を持ちます。

グレード3のユニットには、絡み合う2本の矢印型の「ツインドライブ!!」アイコン。
ヴァンガードに配置すると、ドライブチェックを2回行なうことができる、超攻撃型の能力です。


■「トリガーアイコン」

トリガーユニットのカード右上には、トリガーの種類を示す「トリガーアイコン」があります。

現在のところ、トリガーには4種類があり、
それぞれ「引」「☆」「治」「醒」をかたどった形のアイコンがついています。

「引」は「ドロートリガー」。アイコンカラーはピンクです。
カードを1枚ドローする(山札から引く)能力を持っています。

「☆」は「クリティカルトリガー」。アイコンカラーは黄色です。
ユニット1体の「クリティカル」を+1し、攻撃がヒットした時のダメージを1点増やします。

「治」は「ヒールトリガー」。アイコンカラーは緑色です。
自分のダメージが相手と同じか、相手より多い場合、
ダメージゾーンのカードを1枚選んでドロップゾーンへ置きます。

「醒」は「スタンドトリガー」。アイコンカラーは青色です。
レスト状態(横向き)のリアガードのユニットを1体、スタンド状態(縦向き)にします。


■「その他もろもろのアイコン」

……コレが一番難しい気がするんですよね。
しかし、これが一番楽しいアイコンかもしれない。トリガーも楽しいですけど。

この辺の説明をどうするかは、また考えてみよう。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:「ドライブチェックでグレード3」能力

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:TCG:クールクール・カードゲーマーズオフ開催のお知らせ
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |