さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


「誰からも絶対に不満が出ないレジェンドデッキの仕様」を考えた
2017-04-09 Sun 21:47
何をやっても、不満というものは出てくるものです。

レジェンドデッキの仕様について、
TwitterやBlogで「こうだったらよかった」「こうじゃない方がよかった」という意見が出ています。

そこで、今回は「誰からも絶対に不満が出ないレジェンドデッキの仕様」を考えてみようと思います。

ちなみに、自分は今回の仕様にひとつも不満がないのか?と言えば、そうでもないです。

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■何をやっても不満が出るのならば……

文句を言われないために取るべき道はただひとつ。

何もしないことです。

つまり、レジェンドデッキは作らない。

存在しないものに不満を感じることはできませんので、
「何もしない」というのが、「不満を出さない」ための最適解になります。

たとえば、今回「ブラスター・ブレード」が1枚再録されました。
それに対して、
「ブラスター・ブレードが1枚しか入っていない」
という批判があります。

仮にこれが2枚入っていたら「アイチのデッキなのに2枚はおかしい」

4枚入っていたら「数少ない収録枠を再録で潰すな」

0枚なら「アイチのデッキなんだから再録しろ」

……という批判が存在したことでしょう。
(3枚だったら批判がなかったかといえば……何かしらあるでしょう、きっと)

つまり、何かをすれば、必ず不満が生まれ、批判や文句が発生するのです。

したがって、過去のものも含めて「レジェンドデッキ」そのものが存在しなければ、
「レジェンドデッキ」に対する不満も生まれないので、批判も文句も発生しません。


■「何もしない」は、正解か?

4月になって、新しい環境で生活が始まった方もいらっしゃるかと思いますが、
何かをしようとするとき、何かを成し遂げたとき、
たいてい「文句を言う人」が現れることは、覚えておくといいと思います。

ただそれは、文句を言っている人と自分の価値観がちょっと違うだけ。
あるいは、その人がたまたま、文句を言うのが趣味という人か。

「やろうとすることや、やったことに誰からも文句を言われない方法」は、ただ「何もやらないこと」です。

……でも、それだと「レジェンドデッキ」は存在しえないんですよね。
それはそれで、正解ではないような気がします。



関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:【今日のカード】『ファイターズコレクション2017』「神聖獣 ディバイン・ますくがる」「ますくがる」

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:『Cray Chronicle Notes ~惑星クレイ物語~』の表紙が公開されました!
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |