さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


【今日のカード】レジェンドデッキ『The Blaster “Aichi Sendou”』「スターホープ・トランペッター」
2017-03-24 Fri 20:52
3月24日、今週最後の【今日のカード】は、レジェンドデッキの新カードが紹介されました。

《ロイヤルパラディン》のコール系ユニットは、音楽関係か賢者が多いです。
最近だと「スターライト・ヴァイオリニスト」とか「ホープソング・エンジェル」とか。
賢者枠なら「救国の賢者 ベノン」、そして「小さな軍師 マロン」

今日のカードは、音楽関係の一番人気ユニットと言えるでしょう。

「スターホープ・トランペッター」
「スターホープ・トランペッター」

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

「スターホープ・トランペッター」は、「小さな軍師 マロン」のグレード2バージョン。
GB1を達成し、ヴァンガードが「ブラスター」か「アルフレッド」なら、
手札から登場した時、カウンターブラスト1で、山札から好きなユニットをコール!
ついでにパワー+3000も与えます。

週刊ヴァンガードコラムでも語られていましたが、この能力の強力なところは「選択肢」。
コールするユニットに制限がないので、TCG用語でいうところの「シルバーバレット戦略」が取れるのが強みですね。
(※「銀の弾丸(シルバーバレット)」……状況に応じて最適なカードを選んで使用する戦略。
 狼男を倒すときには「銀の弾丸」を使うというファンタジーのお約束が元ネタ)


リアガードを展開したい場合は「救国の賢者 ベノン」→「秘められし賢者 ミロン」と堅実に立ち回れますし、
パワーを求める場合には、上書きコールで「猛火の双剣 バロミデス」という荒っぽい使い方も可能です。
「聖騎士王 アルフレッド・ホーリーセイバー」に必須の「ブラスター・ブレード」も、
ここぞというタイミングでコールができます。
コンボで言うなら「ケイ」「ベディヴィア」も、簡単に揃います。

古くから《ロイヤルパラディン》はコールの選択肢を強みにしていましたが、
その分、コストが重いのが難点でした。
今回は「手札からのコール」「ヴァンガード指定」そして「GB1」と条件をキッチリ縛ることで、
カウンターブラスト1というコストが実現された感じですね。

デッキ構築の幅は狭い(?)ですが、コールの選択肢は広い。
せっかくなら、広さを生かした構築をしたいところですね。


当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。 該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。 (C)bushiroad All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(カード考察) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:評価は低かったが、実は強かったカード

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:本当に「呪経忍妖 ザシキヒメ」は強いのか?
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |