さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:《ゴールデン・ビーストテイマー》を使用したライン作り
2012-02-18 Sat 15:50
《ゴールデン・ビーストテイマー》
ペイルムーン ヒューマン ノーマルユニット
グレード3 パワー10000 シールドなし ☆1
永【V/R】:拘束(このユニットはアタックできない。)
起【V/R】:[SB(3)]そのターン中、このユニットは『拘束』を失う。
永【V】:あなたのターン中、前列のあなたの《ペイルムーン》のリアガードすべてのパワー+3000。
自:このユニットが{V}に登場した時、あなたのソウルから《ペイルムーン》の〈キメラ〉を1枚選び、{R}にコールする。

拘束のデメリットを持ちますが、そのリターンは魅力的なユニットです。
リアガードのパワーを+3000しますが、できるならこのパワーアップでシールド要求値を上げたいところ。

実戦で悩む前に、一度ライン作りをおさらいしておきましょう。

コミックスタイルvol.1RR《ゴールデン・ビーストテイマー》:拘束解除は忘れずに!!

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■対10000

対10000の場合、狙うパワーは「合計20000」です。
パワー+3000を加算した状態で「20000」を作るには、加算前の状態で17000があればOKです。

パワー10000のアタッカー+7000のブースター、というのがもっとも作りやすいところでしょう。
《ゴールデン・ビーストテイマー》の能力で呼び出せる「キメラ」のユニットはパワー10000なので、
あらかじめ後列に7000のブースターが置けるといい感じですね。
ソウルを増やせる《スカル・ジャグラー》などがグッドかも。

他には
パワー11000の《クリムゾン・ビーストテイマー》+6000のブースター
パワー9000のアタッカー+8000の《ダークメタル・バイコーン》
などのパターンがあります。


■対11000

対11000の場合、狙うパワーは「合計21000」です。
加算前の状態で18000というラインですね。

パワー10000+8000の《ダークメタル・バイコーン》というのが作りやすいラインですが、
できれば《クリムゾン・ビーストテイマー》をソウルに入れた状態で作りはじめたいところです。

パワー11000の《クリムゾン・ビーストテイマー》+7000のブースター
パワー9000のアタッカー+9000の《ターコイズ・ビーストテイマー》
これらで21000のラインを作る機会の方が、私のデッキでは多いですね。


■対12000

現段階では《マジェスティ・ロードブラスター》のパワーアップ時のパワーです。
対12000の場合、狙うパワーは「合計22000」……といいたいところですが、
そのパターンが組めないことの方が多いので、「合計17000」で妥協することも多いです。

「22000」を狙うには、加算前で19000。
「17000」を狙うには、加算前で14000が必要となります。

「22000」のラインは、
パワー10000のアタッカー+9000の《ターコイズ・ビーストテイマー》
パワー11000の《クリムゾン・ビーストテイマー》+8000の《ダークメタル・バイコーン》
このパターンしかありません。
しかし、コレが組めれば《マジェスティ》軸の相手でも、かなりビビらせることができます。

「17000」のラインを組む時には、ブースターとして使いたいユニットがあります。
《レインボー・マジシャン》と《スカイハイ・ウォーカー》です。
パワー4000ですので、10000以上のアタッカーと組めば17000のラインが作れます。

これらのユニットは、能力を使ってRからいなくなることができますので、
もし《ターコイズ》などを引けた際には、ソウル(拘束解除のコスト)を増やしながら入れ替われます。
ちょっと覚えておくと便利かもしれませんね。


■対13000

パワーアップした《ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド》と、
同じくパワーアップした《ファントム・ブラスター・オーバードード》がこのパワー。

非常に防御力が高く、シールド要求を15000にするには「23000」というパワーが必要です。
……ま、できないことはないんですけどね。

23000のラインを構築するパターンは
パワー11000の《クリムゾン・ビーストテイマー》+9000の《ターコイズ・ビーストテイマー》
コレが存在します。

……ただし、さすがにそこまで綺麗に行くことはめったにありませんから、
普段は「18000」というラインを狙っていくことになります。
ブースターさえ置いてあれば、そんなに構築が難しいラインではありませんね。

注意すべきは、かげろうが除去を得意としているクランである点。
ブースターを除去された場合、前列のアタッカーが頼りです。
10000のアタッカーに+3000をつけて、攻撃していきましょう。


あとは、くれぐれも「拘束解除」を忘れずに!!
ソウル3枚を切るのは、メインフェイズにきちんとやっておきましょう!!
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(カード考察) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:アニメ第59話「頂点の座を賭けて」

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:大会へ行ってきました!
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |