さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:ペイルムーンの動かし方
2011-12-21 Wed 21:07
「ペイルムーン」のクランの大きな特徴は、ソウルからのユニット展開。
この動きのキーカードとなるユニットは、

《ナイトメアドールありす》
《ミラー・デーモン》
《ミッドナイト・バニー》
《パープル・トラピージスト》

の、4種類です。
私は《ありす》《バニー》《トラピージスト》の3種を使っていますが、
うまく使いこなすには、慣れが必要ですね。

第3弾RRR《ナイトメアドールありす》:高パワーでプレッシャーをかけましょう。

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■ソウルから呼び出すユニットは……

《ナイトメアドールありす》や《ミッドナイト・バニー》の能力を使う時には、
ソウルに強力なユニットが必要です。

せっかく攻撃がヒットしても、ソウルのユニットが弱かったら、
能力を使っても意味がありません。

ソウルから呼び出したいユニットは……

《ナイトメアドールありす》:連続攻撃を狙える時に。
《ミッドナイト・バニー》:同上。
《ジャンピング・ジル》:パワー12000のアタッカー!
《パープル・トラピージスト》:詳細はのちほど。

この4種がメインですね。
状況によっては《バーキング・ケルベロス》や《スカル・ジャグラー》、
あるいは、何でもいいからブースターという場面もあります。

ソウルにユニットを置く方法は、ソウルチャージ以外にも
ライドすることでソウルに置いたり、
《パープル・トラピージスト》などの能力で置いたりもできます。


■《バニー》と《ありす》の違い?

ブースターで能力を発揮する《ミッドナイト・バニー》と、
アタッカーで能力を発揮する《ナイトメアドールありす》では、大きく異なる性質を持っています。

それは、ヴァンガードの攻撃で能力を使えるかどうか。
ヴァンガードの後列でも能力を使える《バニー》と、
リアガードの前列でしか能力を使えない《ありす》では、ヒットさせやすさが違います。

リアガードの《ありす》のパワーは変化することがない分、相手にしてみればガードがしやすい。
ヴァンガード後列の《バニー》のパワーは、ドライブチェックがあるので、ガードしにくいのです。

逆に《ありす》のラインの攻撃は、相手のガードを誘う役割とも言えます。
《ありす》の攻撃をガードさせて手札を切らせて、ほかのラインの攻撃を通していくのも、
ペイルムーンの隠れた戦略のひとつです。

特に《ありす》のラインと、ヴァンガード後列の《バニー》のラインができれば、
《ありす》が相手のガードを誘い、本命の《バニー》が能力を使っていくという
お互いに引き立て合う攻撃が可能です。

これに《パープル・トラピージスト》が加われば……?


■《パープル・トラピージスト》を絡めた展開!

《パープル・トラピージスト》は、自分のリアガードを、ソウルのユニットと入れ替える能力を持っています。
(あるいは、リアガードをソウルに入れて、再びコールすることもできます)

この能力と《ナイトメアドールありす》《ミッドナイト・バニー》を組み合わせると、
非常にテクニカルで、楽しい動きが実現します!

たとえば、先ほどの
「《ありす》のラインと、ヴァンガード後列の《バニー》のライン」という、ふたつのラインが存在する時。

1、まずは《ありす》が攻撃し、相手のガードを誘います。

2、次に《バニー》のブーストで、ヴァンガードが攻撃。ヒットさせて《バニー》の能力を使います。
《バニー》をソウルに入れて、ソウルから、空いている後列へ《トラピージスト》をコール。

3、コールされた《トラピージスト》が、攻撃済みの《ありす》をソウルに入れ、
今《トラピージスト》がコールされた前列へ、ふたたび《ありす》をコール。

これで、なんと《ありす》と《トラピージスト》という16000のラインが完成します。
さらに攻撃して、相手のガードを誘うことができます。(もちろん、ヒットすれば《ありす》の能力も!)


……という風に、ソウルとリアガードを行き来するトリッキーな動きをマスターできれば、
ペイルムーンは楽しく、強くなっていくはずです。

ぜひ、いろいろ試してみてください!

ちなみに今回ご紹介した動きは、こちらの動画でも紹介しています。
実際の動きを見た方がわかりやすいかもしれません。よろしければ、ご覧ください。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:ペイルムーン空想

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:ガード時のポイント
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |