さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:Gガーディアンに求められるもの
2017-03-15 Wed 21:00
Gガーディアンが登場した『ファイターズコレクション2016』から、約一年。

多くのクランに2種目、3種目のGガーディアンも登場し、
クランによっては、名称指定のものも現れています。

Gガーディアンは、使用するための条件も考慮すると、あまり枚数を入れることはできませんが、
その限られた枚数の中でも「状況によって使い分ける」というのが、今の主流になっています。

今後、Gガーディアンに求められるものとは何でしょうか。

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■20000シールドと、15000シールド+α
『ファイターズコレクション2016』からしばらくして、
「ライトエレメント アグリーム」が値上がりしたことを覚えているプレイヤーは、今でもいると思います。

『月刊ブシロード』の付録になっていたカードで、
Gガーディアンの使い方を説明する際、必ず登場していた《クレイエレメンタル》です。

『ファイターズコレクション』で登場したGガーディアンは、
その多くが「条件を満たすとシールド20000」という能力を持つユニット。
それに対して、シールドが15000から上がらない「アグリーム」は、しばらくの間は注目されていませんでした。

しかし、
「リアガードからの15000要求を手札1枚で止めつつ、手札交換をする」
という場面では有効に使えることが分かり、
大会上位のデッキレシピに1枚入っていることが広く知られ、
「アグリーム」は一時期、1,000円から1,500円近くまで値上がりしていました。

……そもそも、Gゾーンは「強いカードを上から順番に入れる場所」というよりは、
「状況に応じて、いろいろな能力を持ったカードを用意しておける場所」。
使う瞬間に、どのカードがふさわしいかを「選択できること」が、Gユニットの強みです。

ドローできるかわからないグレード3の場合、2種目の存在はデッキの安定性を高めてくれますが、
必ず選ぶことができるGユニットは、2種目が存在していても、意味がないのです。


■より強いカードより、より多い選択肢を!
たとえば、この2枚の比較。
「断絶の医学 ヴィンセント」 「護り抜く者 ロゼンジ・メイガス・エイペックス」

《ダークイレギュラーズ》と《オラクルシンクタンク》は、
これまでに登場しているGガーディアンの方向性が少し似ています。

条件付き20000シールドの「偽りの闇翼 アグラト・バト・マラト」「来光神鷹 一拍子」
もう少し厳しい条件で10000シールド+αの「夜陰の紳士 サン・ジェルマン」「八千代の日輪 アマテラス」

しかし『ファイターズコレクション2017』では、両クランの方向性が大きく変わりました。

シールドをさらに高める「断絶の医学 ヴィンセント」に対して、
ドローという選択肢を増やした「護り抜く者 ロゼンジ・メイガス・エイペックス」。

《ダークイレギュラーズ》は、相手ヴァンガードを何としても手札1枚で守ろうとしています。
これも確かに、相手のパワーに応じた「選択肢」が増えたと言えるでしょう。
手札を増やすのが苦手なクランにとって、手札1枚で守り切るというのは重要ですからね。

《オラクルシンクタンク》は、相手リアガードの15000要求に対して手札1枚で守る選択肢を増やしてきました。
これはちょうど「アグリーム」と同じように「15000で十分」という場面で、
他のカードではなくこのカードを選べば、よりお得!という強みがあります。

どちらの方向性を高く評価するかは好みがあると思いますが、
個人的には「ロゼンジ」の方が好きな「選択肢の増え方」です。


■今後のGガーディアンに求められること
選択肢が増え続けても、Gガーディアンはあまり多くの枚数を入れられません。
多くても、5枚程度でしょう。

そうなってくると、プレイヤーにとっては「どの選択肢を切り捨てるか」が課題になりますね。

「20000ガードで十分な状況は少ないので、条件は厳しくても25000だけを選ぼう」というのはラクな方で、
「CB1の除去とCB1のドローとSB1のカウンターチャージのどれを捨てよう」となると、かなり悩ましいと思います。
悩ましいということは、デッキ構築が面白い……という個人的な思いはありますが。

せっかくの「相手ターンに行える行動」であるGガーディアンには、
今後も面白い(デッキ構築が悩ましい)能力で、選択肢が増えることを期待したいところです。


当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。 該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。 (C)bushiroad All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:【今日のカード】『ファイターズコレクション2017』「箱入りの令嬢 スパングルド」「レフュージー・スパングルド」

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:【今日のカード】『ファイターズコレクション2017』「断絶の医学 ヴィンセント」「専門医 ヴィンセント」
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |