さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:もう1種類のグレード3
2017-03-08 Wed 21:16
「仮面の幻術師 ハリー」によって、裏目にライドする可能性が大きく軽減された《ペイルムーン》デッキ。
これまでも「マスカレード・バニー」を使って裏目へのライドは極力防いできましたが、
やはり2種類8枚まで積めるというのは、大きなメリットです。

しかし、これまでの「リアガードで強いグレード3」がまったく不要になったかといえば、
そうでもないのではないかと思います。
いざという時には「マスカレード・バニー」でライドを回避できるので、
1~2枚入れておくことで有効に働いてくれるなら、投入する価値は十分かもしれません。

今のデッキには「ミステリアス・クリエイター」を採用していますが、
他にも選択肢がありますので、役割別にまとめてみました。

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■ヒット時のコール系
ヒットを狙うというよりは、そのリターンを盾にして相手のガードを強要するという使い方がベター。
相手のガードがよほど薄くない限りは、プレッシャーを与えるのが主な仕事になります。

「麗しきビーストテイマー アレクシス」
「フライング・マンティコア」
いずれも、GB1でヴァンガードにヒットした時にソウルから味方をコール。
コール対象には差がありますが、【奇術(マギア)】軸の場合、
どちらかといえば「マンティコア」の方が使いやすいかもしれませんね。

「ナイトメアドール ありす」
『はじめようセット』のPRで再録され、
また「ナイトメアドール」デッキという新たな軸を確立した往年の名ユニット。
当然、GB1の条件はないので、先攻3ターン目から能力を狙えます。
【奇術】軸でもチャンスはありそうですが、
「キューティ・パラトルーパー」が反応してくれないのはデメリットかもしれません。



■高パワーのアタック系
こちらはダイレクトにダメージを狙っていくタイプのユニット。
21000~26000のラインを狙い、直接勝ちに行くのが仕事です。

「ミステリアス・クリエイター」
GB1で14000アタッカーになれる互換ユニット。
《ペイルムーン》では珍しくないとはいえ、ノーコストで21000ラインを組めるのは嬉しいもの。
ソウルチャージは不安定なので、1種類でも多いのは重要かもしれません。

「礼賛の悪霊使い ミレイユ」
ソウルから登場した時限定で、最大15000アタッカーになれます。
手札からコールした時も有効な「ミステリアス・クリエイター」との選択になりそうですね。
※向こうはコール能力があり、こちらは(V)での能力があるので、好みで使いわけでしょうか。

「ブリージング・コウアトル」
GB1とカウンターブラスト1で14000アタッカーになれる互換ユニット。
個人的には好きなサイクルなのですが、採用はコスト管理次第でしょうね。
【奇術】軸の場合、アタックのたびにコストが必要なのは難点。



■起動能力でコールできる
「フルスマイル・ワイバーン」
GBの条件なし、そして【奇術】。
カウンターブラストの運用は課題ですが、柔軟性は最高峰。
起動能力なので、コストがあれば毎ターン展開ができます。
ひそかにオンリーワンの能力なので、個人的には注目しています。


当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。 該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。 (C)bushiroad All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:【今日のカード】『ファイターズコレクション2017』「大成の魔女王 ローリエ」「大器の魔女 ローリエ」

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:【月刊ブシロード】「聖霊熾天使 エレレート」「黒衣の新薬 エレレート」など
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |