さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


【月刊ブシロード】「聖霊熾天使 エレレート」「黒衣の新薬 エレレート」など
2017-03-08 Wed 20:06
『月刊ブシロード』4月号では《エンジェルフェザー》《たちかぜ》《スパイクブラザーズ》の
新たなGガーディアンと、能力持ちヒールトリガーが公開されました。

いずれも、GB1とGガーディアンを表にするコストで、
シールドが上がる能力を持っています。

月刊ブシロード 2017年 04月号 [雑誌]

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

「聖霊熾天使 エレレート」
エンジェルフェザー
Gユニット
【Gガーディアン】
【自】【Gブレイク】(1):[【ソウルブラスト】(1),あなたのGゾーンから裏の【Gガーディアン】を1枚選び、表にする]このユニットが(G)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのダメージゾーンの表のカード1枚につき、そのバトル中、このユニットのシールド+5000。
FT:面会謝絶。そのようにお伝えしたはずですよ?

【救援(レスキュー)】でダメージゾーンのカードを表にできるので、
中盤以降のガード値はかなり高そうです。

単純に大きな数字が欲しければこちらをコールし、
トリガーを狙いたければ「聖霊熾天使 スリエル」と、使い分けが大切ですね。

カウンターブラストの管理は多少雑でもなんとかなるクランですが、
ソウルブラストのコスト管理は、ちょっと注意が必要かもしれません。



「黒衣の新薬 エレレート」
エンジェルフェザー
グレード0 パワー4000 【治】
【自】:[【ソウルブラスト】(1)]Gゾーンから「聖霊熾天使 エレレート」をコールするコストで、このカードを手札から捨てた時、あなたのダメージゾーンに表のカードが1枚以下なら、コストを払ってよい。払ったら、【カウンターチャージ】(1)。
FT:その新薬は、恋の病にも効くという。

過剰なまでのカウンターチャージ。
ソウルがコストになるので、コスト管理はしっかり行いましょう。
「黒衣の安眠 ザバニーヤ」あたりで、細かく使うクランですし……。



「弾幕巨砲 ブーリッシュプライマー」
たちかぜ
Gユニット
【Gガーディアン】
【自】【Gブレイク】(1):[あなたのGゾーンから裏の【Gガーディアン】を1枚選び、表にする]このユニットが(G)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの、ユニットのいないリアガードサークル1つにつき、このユニットのシールド+5000。
FT:その侵攻作戦は、たった一基の巨砲の前に頓挫した。

シンプルに固くなるGガーディアン。
前のターンの立ち回りによって、シールド値と、次のターンの立ち回りが変わってきます。
テキストはシンプルですが、繊細な計算が必要になりそうな、難しいカードですね。

インターセプトの後にコールすればシールドが上がるというのも細かい……。
逆に、コール後のインターセプトはシールドに影響しなくなるので、プレイミスに気を付けましょう。



「火砲竜 フリントアンキロ」
たちかぜ
グレード0 パワー4000 【治】
【自】:[あなたの手札からグレード1以下のカードを1枚選び、捨てる]Gゾーンから「弾幕巨砲 ブーリッシュプライマー」をコールするコストで、このカードを手札から捨てた時、コストを払ってよい。払ったら、1枚引く。
FT:燃料補給完了!次は砲弾準備だ!

すっかりおなじみになった、手札交換能力を持ったヒールトリガー。
ドロートリガーを採用している場合には、とても便利に感じそうなのですが。



「妨害王 テリブル・ライナス」
スパイクブラザーズ
Gユニット
【Gガーディアン】
【自】【Gブレイク】(1):[あなたのGゾーンから裏の【Gガーディアン】を1枚選び、表にする]このユニットが(G)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのリアガードを1枚選び、ソウルに置いてよい。あなたの、ユニットのいないリアガードサークル2つにつき、このユニットのシールド+10000。
FT:貴様等を止めるなんざ、俺一人で十分過ぎるんだよ!

味方をソウルに置いて、次の攻撃のためにコストを調達し、
同時にシールドを上げて生き残る、という感じの能力ですね。
シールドの上昇効率は「弾幕巨砲 ブーリッシュプライマー」と同等ですが、
最大値はこちらが+20000と、少し劣ります。ソウルに吸える便利な能力分と考えれば、妥当でしょうか。

ソウルコストがそのまま攻撃力につながるクランですし、補給源が増えるのはありがたいですね。



「リザーバー・ライナス」
スパイクブラザーズ
グレード0 パワー4000 【治】
【自】:Gゾーンから「妨害王 テリブル・ライナス」をコールするコストで、このカードを手札から捨てた時、このカードをソウルに置いてよい。
FT:俺が出る前に決められねぇとは、呆れるぜ。

ソウルクランは、ソウルチャージではなく「このカードがソウルに行く」という能力なのでしょうか。
数が重要な《ダークイレギュラーズ》や《ジェネシス》であれば、山札を減らさない分ありがたいですが、
質が重要な《ペイルムーン》の場合、手放しで喜べるものでもないような……。
「仮面の幻術師 ハリー」はソウルコストをすごく食うので、嬉しいことは嬉しいですけどね)



関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(カード考察) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:もう1種類のグレード3

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:【今日のカード】『ファイターズコレクション2017』「七星怪神 レリッシュレディ」「美食戦闘員 レリッシュガール」
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |