さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:「ナイトローゼ軸グランブルー」(「星影の吸血姫 ナイトローゼ」コンボ)
2017-03-05 Sun 11:00
リアガードで使える能力を得た「星影の吸血姫 ナイトローゼ」で、
華麗な連続攻撃を狙うデッキがTwitterに上がっていたので、転載です。
(許可はいただいています)

> 「ストレージに100円以下で突っ込まれてたカードと新弾(とアグリーム)」で組んだ

とのことなのでGゾーンが16枚に満たなかったりもしていますが、
「ナイトローゼ」を軸にしたコンボが非常に楽しそうです。
そして、今後伸びしろのありそうなデッキ。

デッキレシピはこちら
※テキストのデッキレシピは記事後半にて。

フリー連続攻撃の手順は、続きからどうぞ。

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■連続攻撃の手順
(0) 準備
・ヴァンガードは「屍の幻妖術師 ネグロゾンガー」(ハーツは「ナイトローゼ」)
・リアガードに1体目の「星影の吸血姫 ナイトローゼA」
・ドロップゾーンに2体目の「星影ナイトローゼB」と「抜け駆けするゾンビ」
(※コンボ始動時になくても、落とせるかもしれません)
・山札に「粉骨の呪術師 ネグロボーン」

(1) 「ネグロゾンガー」がアタックしたバトルの終了時、
能力を使って「星影ナイトローゼB」をコール。
※この時、ドロップゾーンにキーカードを落とせる可能性があります。

(2) 「ナイトローゼB」がドロップゾーンからコールされたので、
「星影ナイトローゼA」のGB2能力を使って「抜け駆け」をコール。
※「ネグロゾンガー」のコストでGB2を達成できるのがポイントですね。

(3) 「抜け駆け」の【亡霊】を使用し、
登場時の能力を使って山札から「ネグロボーン」をドロップゾーンへ。

(4) 「抜け駆け」がドロップゾーンからコールされたので、
「星影ナイトローゼB」のGB2能力を使って「ネグロボーン」をコール。

(5) 「星影ナイトローゼB」+「ネグロボーン」の攻撃後、
「ネグロボーン」の能力を使って「星影ナイトローゼB」を再びコールし、追撃。

……という流れになります。
カウンターブラストが2とソウルブラストが2必要なので、他のクランなら「コストが重い」と嘆くところですが、
「死せざる死者 グルナッシュ」「キング・サーペント」のおかげで、コスト問題は解決済み。
これが初回の超越、というのは驚異です。

「星影の吸血姫 ナイトローゼ」が、ドロップゾーンを経由しつつバトルゾーンを飛び回る……
連続攻撃という実用性もさることながら、動きの華やかさが大きなポイントですね!



デッキレシピは以下の通りです。

■ファーストヴァンガード
「死せざる死者 グルナッシュ」

■Gユニット(8)
4x屍の幻妖術師 ネグロゾンガー
1x贖いの海賊王 ドラクート
1xエアーエレメント シブリーズ
1x墳墓の幻妖術師 ネグロモード
1xライトエレメント アグリーム

■グレード3(8)
4x星影の吸血姫 ナイトローゼ
4x夜霧の吸血姫 ナイトローゼ

■グレード2(10)
3x海賊剣士 コロンバール
1x腐海の呪術師 ネグロルーク
1xマルトリート・シェイド
1xスケルトンの砲撃手
4xキング・サーペント

■グレード1(15)
4xお化けのとみー兄弟
4x粉骨の呪術師 ネグロボーン
3x抜け駆けするゾンビ
4x防潮のバンシー

■グレード0(17)
1x死せざる死者 グルナッシュ
4xアサルトコマンド カリニャン【☆】
4x七海不死竜 スカベンジ・ドラゴン【☆】
4x荒海のバンシー【☆】
4xクラッシャー・フランチェスカ【治】



ここをベースに調整していく場合、
攻守ともに丸く活躍する、定番の「お化けのみっく一家」で底上げしていくのもアリでしょうし、
コールに特化して「倦怠の呪術師 ネグロレイジー」「一鬼当千 ナイトストーム」を採用するのも手でしょう。
「悪霊竜 ガストドラゴン」や「海淵のゾンビホエール」を採用すれば、コンボの攻撃力も変わってきます。※ただし華やかさは……

また、コストの運用についても見ていく必要があるかもしれません。
月並みな話になりますが、カウンターチャージやソウルチャージがどの程度必要かは、
実際に動かしながら調整していくしかないですからね。

ともあれ、新しい「ナイトローゼ」の動きは、一度触ってみる価値はあるのではないでしょうか。




関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(デッキ) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:レジェンドデッキ『The Blaster “Aichi Sendou”』に関する考察

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:『月夜のラミーラビリンス』「スローイング・ベア」「イモータル・ターゲット」
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |