さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年3月3日発売:『月夜のラミーラビリンス』
2017年4月7日発売:レジェンドデッキ『The Blaster “Aichi Sendou”』


【今日のカード】「お化けのくれみー」「お化けのへすけす」、お化けデッキの特性
2017-02-15 Wed 18:04
2月15日の【今日のカード】は、「お化け」の名を持つアタッカー2体が公開されました!

「お化け」参照のカードはこれまでもちょっとずつ登場していましたが、
ついに「お化け」デッキが現実になる!……のか?

《グランブルー》はすでに強力なデッキが存在しているので、どのような戦略で参入してくるのかも、楽しみなところです。

「お化けのくれみー」
「お化けのくれみー」

- - - - -

「お化けのくれみー」は、ドロップゾーンの「お化け」が増えると強くなるアタッカー。
10枚以上の「お化け」がいると、単体で16000のアタック、10000のシールドになります。

「お化けのリーダー でめとりあ」などでドロップゾーンを増やせれば、後半には強力な戦力になりそうですね。
(「でめとりあ」で何枚ドロップゾーンが増えるかは運次第ですが……)

フレーバーの「お宝(ガラクタ)集め」が、ドロップゾーンを増やす行動につながっているデザインですね。


「お化けのへすけす」
「お化けのへすけす」
こちらは、本人が「運次第で強力なアタッカーになる能力」を持つユニット。
序盤はCB1+運次第で、単体15000のアタッカー。
中盤以降、ドロップゾーンが増えていれば、安定した12000アタッカー。

デッキ内に「お化け」を増やして、自身の能力に活かすとともに、
ドロップゾーンの「お化け」を増やしてサポートという感じですね。
「くれみー」に比べるとやや使いにくそうではありますが、
「お化け」の高出力アタッカーということで、デッキには採用されることになるでしょう。

ワインの樽に潜んでいるフレーバーは、酔って寝てしまう(レスト)能力になっている感じですね。


■「お化けデッキ」の特性とは?
現状公開されている「お化け」デッキは、全体的にランダム要素が多い印象です。

ドロップゾーンが増える枚数、手札に加わるユニットがランダムな「でめとりあ」を始め、
上手くドロップゾーンに落ちるかわからない「お化けのかーる」
スタンドできるかがランダムな「お化けのへすけす」……。

しかも「お化けのこーでぃ」のように、「お化けではないユニット」を求めるカードも存在するので、
いくらかのリスクを背負ったほうが爆発力が出るような雰囲気もあります。
「お化け大王 おばだいあ」も、ある意味では「お化け」以外を入れろと言っている能力)

「ランダム要素をデメリットに、ドロップゾーンからコールでき、序盤からパワーも高い」

というのが、「お化けデッキ」の特性になるような気がします。


当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。 該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。 (C)bushiroad All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(カード考察) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:【今日のカード】『月夜のラミーラビリンス』「お化けのくいんしー」「お化けのじゃっきー」

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:【週刊ヴァンガ情報局】「仮面の幻術師 ハリー」
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |