さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年4月7日発売:レジェンドデッキ『The Blaster “Aichi Sendou”』
2017年5月12日発売:『ファイターズコレクション2017』


【今日のカード】『月夜のラミーラビリンス』「ラブリー・コンパニオン」
2017-02-10 Fri 20:44
2月10日の【今日のカード】は、《ペイルムーン》の新しい完全ガードが公開されました。

「フープ・マスター」のような【奇術(マギア)】能力を持つユニットですが、
しっかり差別化がなされているようですね。

「ラブリー・コンパニオン」
「ラブリー・コンパニオン」

- - - - -

「ラブリー・コンパニオン」と「フープ・マスター」を比較すると……

(1) 条件面
「コンパニオン」は、GB2とヴァンガードの「ハリー」が条件。
「フープ」は、GB1とドロップゾーンの「フープ・マスター」が条件。
一概にどちらが使いやすいとは言い切れませんが、
2種類の「ハリー」と、1回目からGB2が達成できるユニットがある構築なら、「コンパニオン」がさすがに上。
「ハリー」以外のデッキなら、当然「フープ」と。

(2) コスト面
これが一番大きな違いのような気がします。
「コンパニオン」は、いくらでも補充ができるソウルブラストなのに対して、
「フープ」は、他のカードと競合しやすいカウンターブラスト。
特に「ハリー」デッキの場合、ストライドからの連鎖コールでカウンターブラストは消費しがちです。
この差は大きい。

(3) リターン面
やっていることは似ていますが、「フープ」の方がリターンは大きいですね。
グレードを問わず、シールドも上がってくれる。

トータルで考えると、「フープ」よりも丸く使いやすくなった「ハリー」専用守護者、といった趣ですね。
どちらが上位とも言いにくいですが、個人的にはコストがソウルになったので使いたいという感じです。
「ダークサイド・ミラーマスター」と3:1で採用、といういつものオシャレ構築も、ちょっと考えています。


当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。 該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。 (C)bushiroad All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(カード考察) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:【今日のカード】『月夜のラミーラビリンス』「七海頭目 ナイトゼオラ」

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:『ファイターズコレクション2017』情報
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |