さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:フロアルールと「ジャッジキル」
2017-01-25 Wed 19:31
1月25日、ブシロードのフロアルールが更新されました。
あわせて、特設コラムの第3回も更新されています。

【特設コラム】はじめまして、フロアルールです。(第3回)

今回のコラムの内容は、ヴァンガードにおいては
「大会レベル」「罰則」の2点が重要なところだと思いました。

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■大会レベルとは
コラム中では、以下のように説明されています。

> ・大会レベル1
> 楽しく遊びましょう!ルールを間違えたら、次は間違えないようにしましょう!
> ・大会レベル2~3
> ルールをキッチリ守って遊びましょう!間違える前に確認しておきましょう!

> 基本的にはこのポイントを押さえていただければOKです!
> 特に全国決勝大会を目指す皆さんは、普段のファイトや各ルールをしっかり読むことなどを通じて、ぜひルールやプレイについての理解を深めてください!


これまでのフロアルールにもこの辺りは記載がありましたが、
実際、ルールは読んでおいた方がよいと思います。
(ルールも読まずにジャッジに文句を言うプレイヤーは多いですよね……)

公式から「ちゃんと読んでよ!」という発表があったのは珍しいなと思いつつ。


■罰則とジャッジングについて
フロアルールの長い文章は読まなくても、罰則の項目だけは読んでいる
……というプレイヤーもいるのではないでしょうか。

いわゆる「ジャッジキル」によって自分が勝つことを目的にしているプレイヤーもいると思いますが、
コラムでは、以下のようなジャッジング方針が明記されています。

> ゲームの進行に影響が大きいと、負けの扱い(「マッチの敗北」と言います)にせざるを得なくなることがありますが、大会運営としてはそういった状況にはなって欲しくありません。

「ジャッジは、プレイヤーのミスによってマッチの敗北にすることを避けたいと考えている」
というのは他でも語られていることですが。

ジャッジはプレイヤーを殺すために存在しているのではなく、
円滑なゲーム進行のために存在しているというのは、
プレイヤーが知っておくべきことだと思います。

大会レベルに応じて、ある程度の指針も書かれています。
(レベルが高ければ、そもそもルール上のミスは起きにくい前提で、プレイヤーの責任も大きいようですね)

> ルール上のミスに対して、ジャッジは可能であればその異常を解決してファイトが続行できるように努め、解決した後に「口頭注意」「警告」などの罰則を出します。
> ファイトが続行できないと判断した場合、ファイトの勝敗を決めるために「マッチの敗北」などの罰則を出します。その度合いが大会レベルによって少しずつ変わってきます。

> ・大会レベル3
>  ファイトの巻き戻しや正常化は、小さな異常や公平性がほぼ保たれる範囲に留める。
> ・大会レベル2
>  修復が難しい場合を除き、できる限り巻き戻しや正常化を行う。
> ・大会レベル1
>  原則として巻き戻しや正常化を行う。


これを見る限り、たとえばショップ大会のような「レベル1」の大会では、
いわゆる「ジャッジキル」は狙いようがない……ということです。
(それが起きたとすれば、よほどひどい状況に陥っていたか、あるいはジャッジがフロアルールに則っていないということです)

困ったことがあったり、ゲームが正常な状態じゃないなと思ったりしたら、ジャッジを呼びましょう。
(フロアルールに則った)ジャッジは、正々堂々ゲームをするプレイヤーの味方です。
そしてジャッジが下した判断に納得いかなければ、冷静に「チャレンジ(上告)します」と言えばいいのです。

ちなみに、(フロアルールに則った)ジャッジを利用しても、勝ちは拾えません。
正常な状態、あるいは双方の納得がいく(ミスした側に不利な)状況から、再スタートするだけでしょう。
ジャッジに「相手を負けにしてください」と言えば、非紳士的行為で自分が罰則ということもありますしね。
(中軽度の非紳士的行為にあたり、レベル2以上ではマッチの敗北もあり得ます)


大会に出ている場合、強いプレイヤーでも、
たとえば「上告」の存在を知らなかったり、
「対戦後にジャッジに言っても結果が覆らない」ことを知らなかったりすれば、
せっかくのチャンスをふいにしてしまうこともあるでしょう。

しっかりルールを読み込んで、つまらない小細工やミスで警告を受けたりすることのないようにしたいものですね。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(ルール解説) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:【カードゲーマー】付録カード「画策の賢者 メール」

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:【今日のカード】『剣牙激闘』「黄金竜 ビルドピーク・ドラゴン」「神聖魔道士 アレッシア」
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |