さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


【今日のカード】『剣牙激闘』「天頂巨星 モアイ・ザ・スプリーム」「ベアナックル・アーネスト」
2017-01-19 Thu 17:05
1月19日の【今日のカード】は、「メチャバトラー」シリーズではない《ノヴァグラップラー》。

昨日の記事でも書きましたが、《ディメンジョンポリス》の名称シリーズは、
ゲーム外のフレーバーの部分で「名称でまとまっているデッキ」が楽しいと思っています。

逆に《ノヴァグラップラー》の場合、時々見かける「オーパーツ系エイリアン」(自分が勝手につけた名前)などの
ちょっとしたテーマがごちゃごちゃデッキに入っている感じが、個人的には好きだったりします。
(「「シャウト」のブースト!」とか)

今日はそんなオーパーツ系エイリアンの親玉「天頂巨星 モアイ・ザ・スプリーム」と、
「ストリート・バウンサー」の進化版ユニット「ベアナックル・アーネスト」です。

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

「天頂巨星 モアイ・ザ・スプリーム」
「天頂巨星 モアイ・ザ・スプリーム」
オーパーツ系エイリアンの親玉にして、《アシュラ・カイザー》的なランダム能力。
ドライブチェックが3回あるので、お楽しみも1回増えているのが良い感じですね。

ランダムな分コストもかからないので、
【闘魂(ラッシュ)】にカウンターブラストが必要なユニットがいれば、相性が良いのかも。


「ベアナックル・アーネスト」
「ベアナックル・アーネスト」
登場時、ソウルブラスト+リアガード1体をレストして、1枚ドロー。
本家の「ストリート・バウンサー」さんと異なり、コストは同じ縦列に限っていないので、たとえば
「右後列にコール、コストでV裏をレスト」
という形で、とりあえず攻撃回数を確保することもできますね。

もちろん、スタンドさせるギミックを持っているなら前列にコールして、バトルに参加させたいところ。
GB1を達成すると、能力が自己完結+【闘魂】誘発となっているのも、面白いですね。
強い【闘魂】持ちが増えれば、潤滑油として数枚入れる構築もありうる?


■オーパーツ系エイリアンの系譜
歴史を遡れば「ドグー・メカニック」から始まる、由緒正しい種族です。
その後も「ハニー」シリーズや「モアイ・ザ・グレート」「ノーバディ・フロム・オルメカ」など細々と数を増やし、
Gシリーズでも「クリスタルデビル」(たぶん仲間)や「トーテム・ブラザーズ」などが登場しています。

個人的には好きなカード群なので、今後も細々と増えてほしいなあと思っています。


当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。 該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。 (C)bushiroad All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(カード考察) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:【週刊ヴァンガードコラム】《たちかぜ》の【暴喰】について

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:『剣牙激闘』発売記念「6パックキャンペーン」のカードたち
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |