さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


【今日のカード】『剣牙激闘』「大帝竜 ガイアダイナスト」「狂帝竜 ガイアデスパラード」
2017-01-16 Mon 19:33
1月16日の【今日のカード】は、アニメにも登場した《たちかぜ》の新切り札が公開されました。

「ガイア」の名を持つGユニットの「大帝竜 ガイアダイナスト」と、
同じく「ガイア」の名を持つグレード3の「狂帝竜 ガイアデスパラード」。

いずれの能力も「ただでは死なない」の体現者といったところですね。

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

「大帝竜 ガイアダイナスト」
「大帝竜 ガイアダイナスト」
《たちかぜ》のクラン能力【暴喰】と、暴喰時の能力を2つもったGユニットです。
まずは、【暴喰】した時に味方リアガードを1体選び、同じ縦列のリアガードをすべて退却、さらにカウンターチャージ1。
こちらのリアガードはアタック後に退却できますし、カウンターチャージのおかげで退却時に能力が使えるでしょうから、
トータルのアドバンテージはかなり大きいはず。

そして、GB3を達成していれば、このユニットが退却させたリアガードをカウンターブラスト1で復活し、パワーを上げます。
復活させたユニットとこのユニットを+3000するので、2体復活させればヴァンガードのラインが一段階上がります。
さらに復活させたリアガードで追撃も可能。詰めの能力もなかなか強力です。

とはいえ、フィニッシュ向けのGユニットには大正義「絶対王者 グラトニードグマ」先生がいるので、
自分の盤面次第で使い分け……という感じでしょうか?
リアガードが5枚揃わなくても十分なリターンを得られるのは、「ガイアダイナスト」の強みですね。


「狂帝竜 ガイアデスパラード」
「狂帝竜 ガイアデスパラード」
2種類目のストライドボーナス持ち「ガイア」!
「帝竜 ガイアエンペラー」の2Pカラーという感じのイラストですが、メタリックもかっこいいですね。

ストライドボーナスは、ヴァンガードが暴食状態になった時にカウンターブラスト1で1枚ドロー。
こちらも堅実なアドバンテージ型能力ですが、それこそ「凍竜 フリーザーニクス」を喰らえばコストは帳消し。
ただでは死なないディノドラゴンは、地味ながら重要な土台を支えてくれることでしょう。

「ガイア」のヴァンガードを参照する重要なサポートが多かった《たちかぜ》は、
2種目のグレード3だけでも相当な強化になりそうです。


当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。 該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。 (C)bushiroad All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(カード考察) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:【今日のカード】『剣牙激闘』「ウーラヌス・ブラウクリューガー」「ネプトゥーン・ブラウクリューガー」

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:フロアルールについて
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |