さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


【今日のカード】『剣牙激闘』「圧搾の忍鬼 サラシナヒメ」
2017-01-13 Fri 22:09
1月13日の【今日のカード】は、『剣牙激闘』より《むらくも》のユニットが公開されました。

パワー8000のグレード2ですが、必要に応じてパワーを上げられるため、意外と攻撃力がありそうですね。
懐かしい「あのユニット」を思わせる詰め手も持った、なかなか面白そうなユニットです。

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

「圧搾の忍鬼 サラシナヒメ」
「圧搾の忍鬼 サラシナヒメ」
《むらくも》のクラン能力【影縫(カゲヌイ)】を持ったアタッカーです。
パワーは8000と低いですが、ガードするには【影縫】のプレッシャーがあるため、
ヒットすればパワーが低くても結果的に問題なく、ヒットしなければ能力が使えて嬉しい。
相手にすると非常に嫌らしい能力です。

また、GB1達成時に登場すると、味方のリアガード1体から「パワーを吸い取る」ような動きを見せます。
例えば相手のダメージが5の時には
「リアガードの両方のラインが10000要求」より
「5000要求と15000要求のライン」の方が、ガード札の枚数を削れます。
(※かつて「銀の茨の竜女帝 ルキエ “Я”」などでよく使われたテクニックですね)
【影縫】のおかげで、ダメージ5からのガード要求=能力誘発が強力なクランなので、うまく使ってあげたいところです。

序盤から【影縫】を狙って展開しつつ、あとから「分身」で登場時能力を狙っていく……というのが面白そうです。


ちなみに「更科姫(さらしなひめ)」とは、能や歌舞伎の演目「紅葉狩」に登場する高貴な女性。
主人公にお酒を勧める美女ですが、後半で鬼の正体を現し襲い掛かる……というキャラクターです。
序盤は比較的安全な【影縫】を使うアタッカーですが、
後半には鬼に変化する……という感じでしょうか。

イラストでも武器として(?)手にした二枚の扇ですが、
歌舞伎では円を描くように扇を振って舞うシーンがあります。
美しいシーンですので、機会がればぜひ動画などでご覧ください。
《むらくも》は、元ネタを調べてみると面白いですね。

当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。 該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。 (C)bushiroad All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(カード考察) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:フロアルールについて

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:【今日のカード】『剣牙激闘』「教導の騎士 ユドン」
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |