さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


【今日のカード】『剣牙激闘』「教導の騎士 ユドン」
2017-01-12 Thu 19:12
1月12日の【今日のカード】は、2月発売の『剣牙激闘』より《ゴールドパラディン》のユニットが公開されました。

クラン能力の【結束(ユナイト)】を持った「老練の騎士 ダンヴァロ」といった風のグレード3。
リアガードで活躍できるグレード3は、ヴァンガードG以降で増えていますが、
「分身ユニット」の8枚体制が可能になったクランでも1枚だけ入れるなどの運用が見受けられます。

さて、今回のユニットは。

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

「教導の騎士 ユドン」
「教導の騎士 ユドン」
ヴァンガードでも一応能力が使えますが、やはりここはリアガードでの動きを評価すべきでしょう。

ヒット時の能力ですが、逆に言えばこのユニットのアタックは絶対にヒットしないとも言えます。
「黄金竜 グロリアスレイニング・ドラゴン」の前にアタックしても、ダメージトリガーを乗せられることがありません。
安心してガードを切らせることができるユニットですね。
本命の前にガードを切らせるのは《ペイルムーン》の「ありす」などでも使われていたテクニックです。

どうしてもヒットさせたい場合は、「旭光剣爛 グルグウィント」でめちゃくちゃなパワーにすればOK。
能力を2回使ってパワー21000+15000=36000ラインにすれば、能力も使えるでしょう。
その場合は、コールしたユニットのパワーがそこまで高くないので、ダメージトリガーに注意ですが。

《ゴールドパラディン》のリアガード用グレード3は、クランの特性を考えても、他のクランより少し重要度が高そうです。
(3枚見て、トリガー2枚とグレード3なら、リアガードで戦えるグレード3だったほうが嬉しいので)
先に挙げた「ダンヴァロ」の他にも、
リアガードでパワーを上げる「ディヴィニティランサー・ドラゴン」「炎天の騎士 アルヴィラクス」
マルチな能力を持つ「どーんがる」などもライバルになります。
もう1種の「グルグウィント」が登場した場合には、ド安定の8枚体制というのも、もちろんアリでしょう。

リスクを取って出力を上げていくか、とにかく安定を目指すかは、プレイヤー次第です。
意外と「デッキ構築のセンス」が問われるクランなのかもしれません。


当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。 該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。 (C)bushiroad All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(カード考察) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:【今日のカード】『剣牙激闘』「圧搾の忍鬼 サラシナヒメ」

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:【今日のカード】『剣牙激闘』「ヒートエレメンタル ボーボ」
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |