さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:先行逃げ切り?
2012-02-06 Mon 21:15
パワー11000~13000のVが「普通」になってきた最近の環境。
同じパワーで戦えるクランはともかく、
パワーの低いペイルムーンには、厳しいところです。

パワー11000までなら対抗できますが、
12000以上となると、なかなかダメージが通りません。

先日の大会も、13000にスムースにライドされてからは、
ダメージがほとんど通りませんでした。

こうなると、13000になられる前に、ダメージを稼いでおくのがいいのかも?

第3弾RR《ミラー・デーモン》:ヒット&アウェイ。

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■ペイルムーンの「先行逃げ切り」

ペイルムーンの「入れ替え」能力は、ソウルの問題さえ解決すれば、
序盤の方が発動できるチャンスが多いです。
リアガードの展開のために、ガードで手札を切りたくないことが多いからです。

そうなると、序盤に受けた1~2ダメージを、能力に使って見るのはどうだろう?

《ミッドナイト・バニー》→《ミラー・デーモン》なんて流れができれば、
序盤に3~4点は与えられるかもしれません。


■相手が12000以上になる前に。

相手のVが12000以上になると、パワーの低いペイルムーンは苦戦します。
メインのブースターが6000~7000なので、17000~18000のラインを作りにくいのです。

しかし、幸いというべきか、12000以上のパワーになるためには、多少の条件が必要です。

その条件を満たされる前に、ダメージを5点まで持って行くことができれば……チャンスはあるかもしれません。
「あと1回、Rの攻撃を通せる」という4点ではいけません。
コレだと、スタンドトリガーを絡めても、相手の計算を崩すことは難しいのです。

相手が最初にグレード3になった瞬間に、ダメージが4点。
その返しに5点まで持って行って、相手のVがパワー12000以上になる。
この流れが理想ですね。

あとは、相手のヒールトリガーと、こちらのスタンドトリガーのどちらが先に来るかの勝負。

……なんて、うまい具合に展開できればいいんですけど。現実は厳しい。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:《レインボー・マジシャン》をどう使う?

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:TCG:クールクール・カードゲーマーズオフ開催のお知らせ (再掲)
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |