さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:『俺達!!! トリニティドラゴン』ポスター公開カード
2016-11-20 Sun 12:17
『俺達!!! トリニティドラゴン』のポスターで公開されていたカードを撮影してきました。
画像はクリックで大きくなります。

次元ロボ ダイレゾン 八千代の日輪 アマテラス トリーテス・パンサー
カードファイト!! ヴァンガードG キャラクターブースター 第2弾 俺達!!!トリニティドラゴン 12パック入りBOX...
イニグマン・カーム 推命の女神 ヤサカ トラベリング・モモンガ

考察は続きから。


- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■ディメンジョンポリス
《次元ロボ ダイレゾン》
グレード2 パワー9000
【永】【(R)】:あなたのターン中、あなたのGゾーンの表の「次元ロボ」を含むカード1枚につき、このユニットのパワー+2000。
【永】【(R)】:あなたの「ダイユーシャ」を含むヴァンガードがいるなら、このユニットのパワー+2000。
【永】【(R)】:あなたの「ダイカイザー」を含むヴァンガードがいるなら、このユニットのパワー+2000。
FT:新型機の回路には受け継ぐべき誇りが刻まれている。

パワー重視の「次元ロボ」アタッカー。
Gゾーンが表になればなるほど強くなるので、うまくいけば天井知らずのパワーになりそうです。
下2つの能力が1つの能力になっていないので、《真・究極次元ロボ グレートダイカイザー》の双闘で
両方の永続能力を適用させることができる……と。
リアガードで防御力13000は、相手にすると結構メンドクサイ気がします。


《イニグマン・カーム》
グレード1 パワー6000
【永】:守護者
【自】:[あなたの手札から1枚選び、捨てる]このユニットが手札から(G)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのアタックされているユニットを1枚選び、そのバトル中、ヒットされない。
超爆(バースト)-【自】【ドロップゾーン】【Gブレイク】(2):[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1)]あなたの超爆能力を持つヴァンガードがアタックしたバトルの終了時、そのユニットのパワーが40000以上なら、コストを払ってよい。払ったら、このカードを手札に戻し、あなたのヴァンガードのパワーが45000以上なら、【カウンターチャージ】(1)。
FT:挫けぬ強さを示すこと。それが勝利を呼び込む鍵だ。

ドロップゾーンから手札に戻るタイプの完全ガード!
使用できるタイミングはGB2とじゃっかん遅めですが、ドロップゾーンに1枚あると安心できそうな感じです。
「バトルの終了時」なので、トリガーによるパワーアップも有効なのは嬉しいですね。
実はリアガードも守れる「守護者」。久しぶりですね。


■オラクルシンクタンク
《八千代の日輪 アマテラス》
グレード4 Gガーディアン
【Gガーディアン】
【自】:このユニットが(G)に登場した時、あなたの手札が4枚以上なら、そのバトル中、このユニットのシールド+10000。
【自】:このユニットが(G)に登場した時、【ソウルチャージ】(1)し、あなたの山札の上から1枚見て、山札の上か下に置く。
FT:苔の生すまで、守り抜いてみせましょう。

「アマテラスがGガーディアンになったらこんな感じ」を、そのまま体現したようなカード。
さすがにメガブラスト5枚ドローはありませんが、ノーコストでこれだけやってくれれば十分。RRRも納得!
社長がいてくだされば我が社は安泰でございます!


《推命の女神 ヤサカ》
グレード3 パワー11000
【自】【(V)/(R)】神託:[【ソウルブラスト】(1)]このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、1枚引き、あなたの手札から1枚選び、捨て、神託能力を持つカードを捨てたら、【カウンターチャージ】(1)/【ソウルチャージ】(1)。
【自】:[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1)]このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札の上から5枚見て、神託能力を持つカードを1枚まで探し、公開し、手札に加え、山札をシャッフルする。
FT:運命はこっちに微笑んだみたいね!

グレード3のサイクル、オラクルバージョン。
V登場時の能力は、もともとドローが得意なオラクルシンクタンクにおいては、他のクランに比べて重要度が下がりますね。
それこそノヴァグラップラーのようなクランならデッキに採用する選択肢になりましたが……。
リアガードで能力を持っているのは偉い。そこを売りにできるか?


■グレートネイチャー
《トリーテス・パンサー》
グレード2 パワー9000
【自】【(R)】【ターン1回】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、あなたの「特別名誉博士」を含むヴァンガードがいるなら、このユニットと同じ横列にいる他のあなたのリアガードを1枚まで選び、そのターン中、パワー+4000し、『【自】【(R)】:ターンの終了時、1枚引き、このユニットを退却させる。』を与える。
FT:頭をひねった数だけ、知識は積み上げられる。

「特別名誉博士」専用の《バイナキュラス・タイガー》系列のアタッカー。
退却した分のドローがついていますので、パワー+4000分の恩恵を丸々受けることができます。
さすがに【ターン1回】がついているので、スタンドトリガーを使った「特別名誉博士」デッキのブン回りを凶悪にすることもない……と思われます。
これでついていなかったら、ターン終了時にいったい何枚引くことになるのか、恐ろしいところ。


《トラベリング・モモンガ》
【自】【(R)】:達成20000
【自】【ジェネレーションブレイク】(1):カードの効果で、このユニットが(R)から退却した時、あなたの「ビッグベリー」を含むヴァンガードがいるなら、山札からグレード2以上のカードを1枚まで探し、公開し、手札に加え、山札をシャッフルする。
FT:次は体育だ!お先にグラウンド行かせてもらうぜ!

「ビッグベリー」用の手札補充。
ターン終了時に探すので、ドライブチェックの結果まで見たうえで決められるのはいい感じですね。

グレートネイチャーのデッキは、《特別名誉助手 みけさぶろー》のおかげで
グレード3の枚数を切り詰められるのは嬉しいのですが、
そうすると超越用の手札がうまく運用できなくなることもあります。

《トラベリング・モモンガ》を使えば、超越用の手札が足りなければグレード3を探せばいいし、
そうでなければグレード2のアタッカーを用意すればOK。
ストレスなく次のターンを迎えられそうです。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(カード考察) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:「儀式軸シャドウパラディン」デッキ

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:【今日のカード】《天命の騎士 アルトマイル》など
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |