さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


【今日のカード】『天舞竜神』《嗜虐王 ダッドリー・カリギュラ》《ダッドリー・ターボラプラー》《ダッドリー・イングラム》
2016-11-07 Mon 17:30
11月7日の【今日のカード】では、「ダッドリー」の名を持つ3体が紹介されました。

ハーツの名称指定Gユニットの《嗜虐王 ダッドリー・カリギュラ》、
グレード3のストライドボーナス持ち《ダッドリー・ターボラプラー》、
そしてグレード2の《ダッドリー・イングラム》。

スパイクブラザーズは、アメフトとラグビーと足して暴力を過剰にトッピングしたようなスポーツのようですが、
《カリギュラ》は、おそらくそのフレーバーが活きているような能力ですね。

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

《嗜虐王 ダッドリー・カリギュラ》
《嗜虐王 ダッドリー・カリギュラ》
手札2枚を消費して、山札の上11枚から3枚をコールする能力を持ちます。
「11枚」というのは珍しい数字ですが、アメフトのフィールド人数が11人なので、それを意識した枚数でしょうか?

同じ「ダッドリー」系のGユニットである《大戦士 ダッドリー・ジェロニモ》は、
盤面がそろった状態から攻撃力を強化する能力でしたが、
こちらは盤面がない状態からコールする能力。

1回目に《ダッドリー・カリギュラ》で盤面を整えて、2回目に《ダッドリー・ジェロニモ》でフィニッシュ、ですね。


《ダッドリー・ターボラプラー》
《ダッドリー・ターボラプラー》
《ダッドリー・ジェシカ》に続く、ストライドボーナスを持ったグレード3。
2種目のストライドボーナスということで、シシルス互換がなくともライドが安定しますね。

コール能力を持った《ジェシカ》に対して、こちらはソウルブラスト1枚でリアガード強化。
リアガードを展開する《ダッドリー・カリギュラ》と組めば、展開して強化してアタックが可能ですね。
アタック後のリアガードはソウルに置かれるので、次のアタックのコストにしてしまいましょう。


《ダッドリー・イングラム》
《ダッドリー・イングラム》
「イングラム」は、手にしているマシンガンの種類でしょうか?
その能力は非常にシンプルで、バトルフェイズの味方「ダッドリー」登場に反応してパワーアップ。
《ダッドリー・カリギュラ》と組み合わせれば、かなりのパワーが期待できそうです。
同時にコールしたユニットもカウントできるので、複数同時コールとは相性がいいですね。

「ダッドリー」以外のユニットをあまり多く採用すると《ダッドリー・カリギュラ》の成功率が下がるので、
山札内の数を稼ぐためにも、採用しておきたいところです。


当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。 該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。 (C)bushiroad All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(カード考察) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:【今日のカード】『天舞竜神』《蒼波勇将 アルティオム》《蒼波水将 イアソン》

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:英語のテキストを読んでみよう
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |