さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:《ジャッキーン・パンプキン》のパワーライン
2014-01-21 Tue 00:56
他のクランにも存在するサイクル系能力も、クランの特性とかみ合った時には強力なものがあったりします。
たとえば「エンジェルフェザー」における自爆互換は、単なるリミットブレイクの補助以上の効果がありますね。

では、この子はどうでしょうか?

《ジャッキーン・パンプキン》
ネオネクタール ドリアード ノーマルユニット
グレード2 パワー8000 シールド5000 ☆1
自【V/R】:[CB(1) - 《ネオネクタール》] このユニットがアタックした時、あなたの《ネオネクタール》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+4000。

もともとのパワーの低さから、めったに使われないサイクル系カードですが……。
うまくかみ合った時には、ちょっとした脅威に早変わり。

カードファイト!!ヴァンガード ブースターパック 第15弾 無限転生 BOX【2014年2月28日発売予定】

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■パワー12000+の計算

今の環境は、相手のヴァンガードの防御力を「11000」または「13000」で計算する事が多いです。
パワーとガードの計算は、想定する数字から「+5000」刻みで大きくしていくのが基本です。
こうすることで、相手のガードを1段階ずつ増やしていくことができます。

11000の防御力を想定した場合は……
攻撃パワーが
11000なら、相手は5000シールド1枚でガード。
16000なら、相手は5000+5000か、10000シールドでガード。
21000なら、相手は10000シールドでは足りず、合計15000が必要に。

《ジャッキーン・パンプキン》の場合、アタック時のパワーは、能力を使うことで12000。
相手の防御力を11000と考えた場合は……?

《アルボロス・ドラゴン “聖樹”》がリミットブレイクしている場合、
《ジャッキーン・パンプキン》のアタックパワーは、15000まで底上げが可能です。
そこへ《カローラ・ドラゴン》のブーストを加えると、23000。
《カローラ》も《アルボロス》の能力を受けていると、なんと26000!

相手の防御力が11000ならば、必要なシールドは20000に達します!

※《アルボロス》の能力でパワーが上がっているということは、もう一方のリアガードも26000に達している、かも。


■サイクル系カードの使い道

普段、あまり目を向けることのない「サイクル系カード」ですが、
使い道を掘り下げてみると、意外といい動きがあったりします。

ちなみに、ペイルムーンの同系ユニット《タイトロープ・ホルダー》は、
条件がそろった《ターコイズ・ビーストテイマー》と組み合わせるとパワー21000になってくれます。

※実際には《クリムゾン・ビーストテイマー》《夜空の舞姫》と組むとさすがに防御が薄そうですが……。

大会などで勝ち抜こうとするデッキには選ばれないかもしれませんが、
たまに変化球を投げてみると、意外な強さを見せてくれる、かも。

ちなみに《ジャッキーン・パンプキン》はイラストも可愛いです。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(カード考察) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:パワーラインか?アタック回数か?

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:「チェーンブラスト軸かげろう」デッキレシピ
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |