さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:「七海覇王軸グランブルー」デッキレシピ
2013-09-16 Mon 00:50
「絶禍繚乱」で強化された、グランブルーデッキです。

これまでのグランブルーは、ドロップゾーンを活用して16000のラインを構築する「安定感」が魅力でしたが、
今回の強化で「防御力」と「爆発力」をも手に入れました。

《七海覇王 ナイトミスト》
グランブルー ヴァンパイア ノーマルユニット
グレード3 パワー11000 シールドなし ☆1
自【LB(4)】:《グランブルー》がこのユニットにライドした時、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、パワー+10000し、あなたのドロップゾーンから《グランブルー》を2枚まで選び、{R}にコールし、そのターン中、この効果でコールされたユニットのパワー+5000し、そのターンの終了時、そのユニットを退却させる。
永【V】:あなたのターン中、あなたの《グランブルー》のリアガードが4枚以上なら、このユニットのパワー+2000。
永【V/R】:盟主

その中でも、ブレイクライドの《七海覇王 ナイトミスト》の能力は、
2枚のユニットをドロップゾーンからコールし、さらにパワーを+5000するという
一発逆転の可能性を秘めたアグレッシブなもの。
代償として、それらのユニットはターン終了時に退却してしまいますが、それを補って余りある魅力です。

これを中心にして、デッキを組んでみました。

第13弾「絶禍繚乱」BOX+「みにヴぁん」DVD同梱版

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

「七海覇王軸グランブルー」

ファーストヴァンガード
《お化けのぴーたー》

■グレード0(17)
1xお化けのぴーたー
1xナイトスピリット【☆】
4x悪霊砲弾【☆】
4x荒海のバンシー【☆】
3x悲しき銃声 ナイトフレア【引】
4xドクター・ルージュ【治】

■グレード1(15)
4x伊達男 ロマリオ
3xサムライスピリット
3x海中散歩のバンシー
4x突風のジン
1xイービル・シェイド

■グレード2(11)
4x大幹部 ブルーブラッド
4xルイン・シェイド
3xデッドリースピリット

■グレード3(7)
4x七海覇王 ナイトミスト
2x氷獄の死霊術師 コキュートス
1x不死竜 スカルドラゴン

《海中散歩のバンシー》は、もしかすると1枚は《ダンシング・カットラス》かもしれません。
また《三ツ星シェフ ピエトロ》は、10000バニラと交換で常に採用候補です。

《七海覇王》は、ダメージが4以上になれば《七海覇王》にライドし続けるだけでもグッド。
ドロップゾーンから《海中散歩》をコールできれば、ソウルは確実に1枚以上ありますから、
退却するデメリットを逆手に取ることができます。

また《コキュートス》にライドできれば、一気に3枚のユニットをコールでき、
自身のアタック時パワー15000も相まって、相当な爆発力が得られます。
(能力がやや防御寄りの《“Я”》にしなかったのは、詰めの場面の爆発力のためです)

爆発力という意味では、最後の最後に1枚残った《スカルドラゴン》もポイントです。
《ロマリオ》と合わせた21000ラインを組むのに便利なのは言うまでもありませんが、
その後《七海覇王》でコールした時には、最大26000のラインが組める超強力アタッカーになってくれます。

各種の能力をうまくかみ合わせて、持ち前の繊細なライン構築だけではなく、
時にはダイナミックな連携攻撃を仕掛けたいところですね。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(デッキ) | コメント:1 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:「エヴァラキル軸ペイルムーン」デッキレシピ

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:「絶禍繚乱」以降の流行デッキ予測など
この記事のコメント:


ブログみました!

相互リンク希望です

こちらはリンク済みです返事まってます!
2013-09-16 Mon 21:16 | URL | 沙織くん #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |