さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年3月3日発売:『月夜のラミーラビリンス』
2017年4月7日発売:レジェンドデッキ『The Blaster “Aichi Sendou”』


ヴァンガード:「絶禍繚乱」以降の流行デッキ予測など
2013-09-14 Sat 19:06
ついに「リンクジョーカー」の時代がやってきたようです。

第13弾「絶禍繚乱」は、収録クラン8種(+シークレット)という多めのクラン収録となりました。
それぞれのクランが「必要だったカード」を手に入れて強化されています。

その中でも個人的に注目しているのは、デッキとしてのひとつの完成をみた
「リンクジョーカー」
これは今後、大流行デッキにもなりうると思っています。

第13弾「絶禍繚乱」BOX

- - - - -

■流行デッキと強いデッキの違い

総合力で見て「強いデッキ」というものは流行しやすいものではありますが、
「流行デッキ」は「強いデッキ」と、必ずしもイコールではありません。

端的に言えば、
「流行しているデッキに強いデッキが、その大会における強いデッキ」
というものです。

今後の「流行デッキ」を見極めることで、自分だけが「流行デッキに強いデッキ」を使えば、
大会においては勝ちやすくなる、というわけですね。

私は残念ながら大会で勝つファイターにはなれませんが、
勝ちを目指すなら、流行デッキを追いかけるより、もう半歩先を目指したいものです。


■「絶禍」以降の流行デッキについて

現状の流行デッキである「抹消者」「撃退者」に加えて、
今後は「星輝兵」というか《カオスブレイカー・ドラゴン》のデッキが流行となるでしょう。
私の感覚では「抹消」「撃退」よりも「カオスブレイカー」の方が有利ではないかと見ています。

デッキにはそれぞれ「勝ちパターン」というものが存在しますが、
「カオスブレイカー」はどちらかと言えば防御寄りの能力で、中長期戦が「勝ちパターン」となります。

「抹消」「撃退」のデッキも同じようにやや長期戦向きのデッキなのですが、
前列のアタッカーをキッチリ呪縛する「カオスブレイカー」は、これらの良いところを潰すのが得意なのです。

この3デッキでしか研究しなかった場合、
おそらく「最強」はカオスブレイカーになるのではないかと思います。

ちなみに、
「抹消」「撃退」を破って全国大会を制した「銀の茨」ですが、
これも同じく中長期戦が得意なデッキなので、かなり分が悪いです。
(一応、リバースしていない《ルキエ》を使えば勝ち筋はありますが、かなり細そうです)

ということは、今後の流行デッキは、まず「カオスブレイカー」ということになります。


■流行デッキを潰せ!

と、ここで終わりになるのが普通のファイターです。
半歩先に行くファイターは、ここから「対カオスブレイカー」のデッキを研究するものです。

中長期戦のデッキに対して無類の強さを誇る「カオスブレイカー」に対して、
その戦略を打ち崩していくにはどうしたら良いでしょうか?

ひとつの回答は、こちら

「このデッキが強い」というわけではなく(もちろんこのデッキは強いですが)、
このデッキの戦略が、カオスブレイカーに立ち向かえうる、という話です。

ダラダラ書いていると文章が長くなるので、ひとつ動画をご紹介。

ヴァンガード2013年全国大会優勝デッキを紹介!

動画の3分過ぎくらいからお話されているのがほぼ全てです。
これまで書いてきたことがほぼそのまましゃべられています。もうこれ終わりにしていいかな。

一応書くと、相手のダメージを3枚にコントロールする動きをしつつ、
☆3のアタックを叩きこめるデッキは「カオスブレイカー」に対抗できるだろうというわけです。
「カオスブレイカー」が中長期戦に強い理由は、その【リミットブレイク】能力にあるので、
これを封じて戦えば、何とかなるのではないか?というものですね。

可能性がありそうなのは
「マジェスティ・ロードブラスター」デッキ
「ダイカイザー」デッキ
「アモン “Я”」デッキ
などのデッキではないでしょうか。

そしてもうひとつ。
「カオスブレイカー」の能力は、基本的に1ターンに1枚しかロックできません。
これに加えてリミットブレイクで除去&ドローをしていくのが必勝パターンなわけですが、
「1ターンに1枚」というスピードの遅さに付け込み、
3ターン目くらいにダメージ5枚まで詰めていく「速攻デッキ」にも、可能性があります。

序盤からの強力な連続攻撃を得意とする「獣神」や「アクアフォース」は、
「絶禍繚乱」でも強化されているため、実は「カオスブレイカー」への対抗馬になるデッキかもしれません。

また、遂に単クラン構築が可能になった「ぬばたま」は、
トリガーの構成が固定にはなるものの、戦略は序盤からガンガン攻めていけるものになっています。
うまくスピードに乗れば、このデッキも「対カオスブレイカー」になりえると思います。

どのデッキも研究してみる価値は、あるのではないでしょうか?


冬にはまた、大きな大会が控えています。
どのようなデッキが現れるのか、楽しみに待ちたいところです。

次の「環境」を作るのは、普通のファイターか、半歩先を行くあなたか……?
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード | コメント:2 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:「七海覇王軸グランブルー」デッキレシピ

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:「エヴァラキル軸ペイルムーン」デッキレシピ
この記事のコメント:


初コメで失礼します。
僕も「カオスブレイカー」が大会でもトップをとるのではと睨んでいます。
それとカオスブレイカーの周りにも「コロニー」や「カオスビート」がいますし笑

自分はアクアフォースを使っていまして、早速「テトラドライブ」を使っています。
最近まではアクフォ<<<カオスブレイカーなどと思っていましたが、
この記事を見て勇気が沸いてきました笑

アクフォはリアを重視しやすいので、その分呪縛(ロック)はされやすいんですよね。。
逆にディメポには「ダイカイザー」のBRの一撃があるから、もしやカオスブレイカー<<ダイカイザーになるかもですよねー笑
アクフォも速攻に含め、これから研究や対策を考えてみたいと思います。
ありがとうございます、
長文失礼しました。
2013-09-14 Sat 20:45 | URL | 蒼周竜 #-[ 内容変更]


個人的に一押しなのはフル☆獣神ですね
相手の場が整う前に圧倒的手数と☆で叩き伏せる動きが強い
運が絡みますがG2で決着することもあるほどです

BRやLBが強いならG3が出てくる前に大勢を決すればいいじゃないの精神です
2013-09-20 Fri 19:39 | URL | GGG #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |