さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:3DS「ライドトゥヴィクトリー」
2013-05-11 Sat 10:03
ストーリーをクリアして、隠れキャラともファイトして……。
今は、ペイルムーン以外のデッキをいろいろ研究しているところです。

時々、通信対戦もやっています。

ペイルムーンを使うことが多いですが、今はグレートネイチャーがかなり熱いです。
《ポラリス》軸で組んで遊んでいます。
このデッキの「最後の1ダメージを詰める動き」がとても楽しくていい感じ。

FC大ヴァンガ祭RRR《無双祐筆 ポンガ》:《ポラリス》と組んで……!

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■デッキの動きにはパターンがある

せっかくなので、ここでひとつ持論を。
デッキの動きには、いくつかのパターンがあります。
「勝つために、どういう風に動くか」という動きを知っておかなければ、プレイングはうまくいきません。

私の勝手な分類では……

(1)速攻で5枚ダメージを与えて、最後の1ダメージを詰めていくデッキ
(グレートネイチャー、アクアフォース、ノヴァグラップラーなど)

(2)3~4枚ダメージから、一気に6点まで持って行くデッキ
(マジェスティ、次元ロボ、抹消者、スパイクブラザーズなど)

(3)ほぼ同等のダメージレース展開から、少しのアドバンテージ差を使って勝ちを拾うデッキ
(ペイルムーン、メガコロニーなど)

(4)自分の防御力を上げて長期戦に持ち込み、ダメージを逆転して勝つデッキ
(ジ・エンド、アマテラス、ツクヨミなど)

このうち、あまり研究されていないなと思うのが(1)の動き。
リミットブレイク環境では、俗に「3点止め」と言われるような
「相手のダメージを少なめでコントロールする」動きが多く見られます。

でも、この動きはすごく面白い。
実際にカードがなくても体験できる3DSで、いろいろ研究してみると楽しいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:「ポラリス軸グレートネイチャー」デッキレシピ

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:「古代竜」の戦い方
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |