さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:「デスレックス軸たちかぜ」デッキレシピ案
2012-09-22 Sat 10:45
《ドラゴンエッグ》からスタートする「たちかぜ」デッキ。

従来の「味方を退却させて、カウンターブラストで手札へ戻す」動きに加え、
「味方を退却させて、味方をパワーアップ」という動きを導入しました。

《翼竜ビームプテラ》《翼竜スラッシュプテラ》は、
自身のパワーもそれなりに高く、ブースト要員やアタッカーとしても優秀。
そして何より《破壊竜ダークレックス》との相性が抜群です。

新感覚の「たちかぜ」デッキを手軽に楽しむなら、こんな感じでいかがでしょう。

第8弾SP《破壊竜ダークレックス》:リミットブレイク!

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

「デスレックス軸たちかぜ」(案)

■ファーストヴァンガード
《ドラゴンエッグ》

■グレード0(17)
1xドラゴンエッグ
4x竜鳥ファイヤープテリクス【☆】
4xブラックキャノン・タイガー【☆】
4x砲撃竜スレッジアンキロ【引】
4xサベイジ・シャーマン【治】

■グレード1(15)
4xソニックノア
4x翼竜ビームプテラ
3x翼竜スカイプテラ
4xアークバード

■グレード2(10)
4x餓竜メガレックス
4x翼竜スラッシュプテラ
2x突撃竜サーキュラー・スピノ

■グレード3(8)
4x暴君デスレックス
2x混沌竜ディノカオス
2x破壊竜ダークレックス


《暴君デスレックス》と《混沌竜ディノカオス》の枚数は、要調整でしょうか。

基本的な動きは、従来の「たちかぜ」デッキと同様。
新ユニットを絡めた動きが、ちょっとこれまでとは異なります。

《翼竜ビームプテラ》《翼竜スラッシュプテラ》は、
Rから退却した時に、味方のパワーを+3000してくれます。

これまでの《ドラゴンエッグ》《翼竜スカイプテラ》などは、
「手札に戻って、ガードや次のターンのブーストへ」という動きでしたが、
新ユニットの能力は、そのターンに即座にパワーを上げてくれます。
より攻撃的な能力ですね。

《暴君デスレックス》を絡めれば、
V裏の《ビームプテラ》を退却させることで、リアガードの攻撃力を上げられます。

《破壊竜ダークレックス》を絡めれば、
連続攻撃時のパワーを、13000~16000程度に引き上げることができます。

変わったところでは《突撃竜サーキュラー・スピノ》の攻撃時に退却させれば、
リアガードから21000~23000の攻撃力を叩き出せます。

ただし、これらの能力は「バトルフェイズ中」でなければ発揮できない点に注意!
「リアガードの上書き」では能力を使えません。
《混沌竜ディノカオス》のスペリオルライドや、今回は採用しなかった《砲撃竜キャノンギア》も、
普通に使った場合はタイミングが合いません。

しかし、うまく使えば攻撃ラインを強化できる能力なので、活用したいところです。

(《サーキュラー・スピノ》はじゃっかん嘘っぽいので、他のユニットに変えてもいいかな……)
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(デッキ) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:「メイルストローム軸アクアフォース」デッキレシピ案

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:「カーネル軸たちかぜ」デッキレシピ案
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |