さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:タッグファイト大会
2012-09-19 Wed 11:08
公式サイトで「タッグファイト」のルールが公開されました。

すでに、非公認のショップ大会では
「タッグファイト大会」
も、開催されているようです。

私も体験しましたが、なかなか面白いルールです。
もしかすると、今後は公認大会でも「タッグファイト大会」があるかもしれません。

そうなると、カードテキストも「多人数戦」を意識したものになるかも。
他のカードゲームでも「マジック:ザ・ギャザリング(MTG)」などは、
カードのテキストを最初から「多人数戦」を意識したものにしていたりしますし。

第7弾RRR《銀の茨の竜使いルキエ》:カウンターブラストを大量消費!

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■タッグファイトのコツ

タッグファイトは、友達や家族でそれぞれ好きなデッキを使ってもいいですが、
相性のいいデッキや、相性のいい組み合わせが存在します。

たとえば、リミットブレイクが非常に早い段階で発動するため、
切り札に置いておくと、強力な能力をガンガン使用していけます。

また、カウンターブラストやソウルブラストのコストが共有されるため、
たとえば
「片方はソウルブラストをほとんど使わない」デッキと、
「片方はカウンターブラストをほとんど使わない」デッキ
といった組み合わせであれば、お互いにコストをうまく運用していくことができます。

ソウルブラストとカウンターブラストの両方をほとんど使わないデッキもあります。
「コストが足りない」というデッキと組めば、両者が無駄なく力を発揮できるでしょう。

デッキを選ぶ際には、ちょっと意識してみるといいかもしれません。


■コストを大量に使うデッキの例

グランブルー
カウンターブラストもソウルブラストも大量に消費するデッキ。
パートナーのソウルを利用して《ダンシング・カットラス》も使えます。

スパイクブラザーズ
カウンターブラストを大量に消費するデッキ。
ソウルブラストも、要所要所で必要になります。
残念ながら手札は共有する事ができませんので、手札のコストは自分払い。
タッグにおいては完全に「攻撃役」となることでしょう。
守りの甘さは「タッグガード」に任せると、いいコンビネーションになりそうです。

ペイルムーン
カウンターブラストを大量に消費するデッキ。
《ナイトメアドールありす》と《銀の茨の竜使いルキエ》を併用すると、
カウンターブラストはいくつあっても足りないくらいです。

ロイヤルパラディン
《騎士王アルフレッド》を使っている場合、
カウンターブラストはあればあるだけ嬉しいハズ。

その他「メガブラスト」を狙うデッキ全般
タッグファイトの場合、メガブラスト系の能力が発動しやすいです。
「リミットブレイク」よりも強力な能力だったりしますので、
狙ってみるのも一興です。


コストをあまり使わない「エンジェルフェザー」などのクランや、
《アシュラ・カイザー》系など、コストを消費しない軸のデッキがあると、
うまくコストを使いきれる組み合わせにすることができることでしょう。

面白いところでは「ダークイレギュラーズ」。
ソウルのコストについては、払いすぎなければ気軽に出せるので、
「ココ軸オラクル」あたりと組むと、
いざという時に《ラック・バード》のコストを払えたりするかも?

もしも、タッグファイトを体験されることがあれば、意識してみるといいかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:今日のカード《薬剤の弾丸エルミエル》

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:スタンドアップ!5
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |