さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:今日のカード《城砦竜ブラキオキャッスル》ほか
2012-09-10 Mon 17:15
9月10日の「今日のカード」は、アニメで登場した「たちかぜ」のユニット

《城砦竜ブラキオキャッスル》
《空母竜ブラキオキャリヤー》
《輸送竜ブラキオポーター》

の、3体一斉更新!

その能力は以前ケロケロエースで公開されていましたが、
いかんせんパワーが低く、他のサポートがなければ、
ラインを組んでもヴァンガードへ攻撃できないことも……。

いろいろ事情はあったのでしょうけれど、
あと1000、上方修正をかけたらダメだったのでしょうか?

第8弾《蒼嵐艦隊》BOX(サウンドトラックCD同梱・予約)

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■パワーは適正?

グレード3のパワーは9000。
グレード2が7000、グレード1が5000。
全体的に、パワーが1000ないし2000程度下げられている印象です。

ラインを組んでも、14000ラインから、復帰したラインが12000。
あと1000~2000は不足している感じです。
復帰ラインの12000は、相手ヴァンガードが13000になった瞬間に役に立たなくなります。

これらのパワーが不当に低いと言うべきなのか、
13000が不当に高いというべきなのかはわかりませんが、
環境に対してバランスがあっていないという気はします。

……というのが、パッと見で判断した印象。

実際に使ってみると、意外と使えるユニットなのかもしれませんが……
少なくとも「これは間違いなく強い!欲しい!」というレベルではなさそうです。
「獣王爆進」グレートネイチャーも、パッと見で強さがわかりにくい感じでしたが、
これらはちょっと違うベクトルで、強さがわかりにくいですね。

研究が進めばいいのですが。


以下はユニット設定など。

《城砦竜ブラキオキャッスル》
たちかぜ ディノドラゴン ノーマルユニット
グレード3 パワー9000 シールドなし ☆1
自:[CB(1)]このユニットが{R}からドロップゾーンに置かれた時、
あなたの《たちかぜ》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。
払ったら、あなたの山札から「輸送竜ブラキオポーター」を1枚まで探し、
{R}にコールし、その山札をシャッフルする。
FT:現代戦において、勝敗は、開戦前に決している。

ユニット設定
身体の大半を大型武装内に格納した要塞型ディノドラゴン。
露出している部分は特殊装甲にて補強されている。
“たちかぜ”としては初の要塞兵器であり、
現在この「キャッスル」はプロトタイプという名目で運用されている。
内部には多数の兵士及び「ポーター」も配備されており、これにより
“たちかぜ”は今まで以上に「安全かつ大胆な強硬策」を取る事が可能となった。
惜しむらくはこの兵器に見合うサイズの巨竜が極僅かしか配属されていない事だろう。


《空母竜ブラキオキャリヤー》
たちかぜ ディノドラゴン ノーマルユニット
グレード2 パワー7000 シールド5000 ☆1
自:[CB(1)]このユニットが{R}からドロップゾーンに置かれた時、
あなたの《たちかぜ》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。
払ったら、あなたの山札から「城砦竜ブラキオキャッスル」を1枚まで探し、
{R}にコールし、その山札をシャッフルする。
FT:空母竜が実戦配備されたとき、時代が変わった。

ユニット設定
要塞兵器「キャッスル」と同日に実戦配備された試験用の空母兵器。
外装以外は生体部品で構築されている為、機械竜ではあるが
ディノドラゴンという分類をされている。
運用には大量の乗組員が必要である為、燃費は悪いが、運搬目的の兵器としては
自衛に適している事、数百の兵士を空を介して運搬できる事など、もたらす恩恵も大きい。
また、航空攻撃部隊のエネルギー消費を防ぐ移動手段としての運用が検討されており、
同機は航空部隊の管轄に入る事が検討されている。


《輸送竜ブラキオポーター》
たちかぜ ディノドラゴン ノーマルユニット
グレード1 パワー5000 シールド5000 ☆1
自:[CB(1)]このユニットが{R}からドロップゾーンに置かれた時、
あなたの《たちかぜ》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。
払ったら、あなたの山札から「空母竜ブラキオキャリヤー」を1枚まで探し、
{R}にコールし、その山札をシャッフルする。
FT:奴らは糧食と銃弾……否、勝利そのものを運ぶのだ。

ユニット設定
物資運搬を主任務とする輸送部隊の一般構成員。
運搬量を可能な限り増やす為、武装は必要最低限しか持たされていない。
また、当人達は戦闘行為を行う必要がほとんどない為、
戦闘に不向きと判断された兵士が配属されていた時期もあった。
輸送中に中腹を突かれる事を警戒して常時護衛が必要な事などの理由から、
部隊体制の見直しが図られていたが、試験機「キャリヤー」「キャッスル」の
登場により、劇的に活躍の場が広がった事で、急遽増員が行われる運びとなった。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(カード考察) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:ペイルムーンのトライアルデッキ空想

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:相手のクランに応じたライン構築
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |