さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:今日のカード《破壊竜ダークレックス》
2012-08-22 Wed 14:27
8月22日の「今日のカード」には、たちかぜのトリッキーな切り札が登場!
バインドゾーンから脱獄して襲い掛かる《破壊竜ダークレックス》です!

《破壊竜ダークレックス》
たちかぜ ディノドラゴン ノーマルユニット
グレード3 パワー10000 シールドなし ☆1
自【バインドゾーン】【LB(4)】:[あなたの《たちかぜ》のリアガードを3枚選び、退却させる]
あなたのグレード3以上の《たちかぜ》のヴァンガードがアタックしたバトルのクローズステップ開始時、
そのバトル中、アタックがヒットしていなかったら、コストを払ってよい。
払ったら、このカードをライドする。
起【手札】:[このカードをバインドする]あなたの《たちかぜ》を1枚まで選び、
そのターン中、パワー+3000。
FT:まだ、足りんな……お前も、喰わせろ!

ユニット設定
第一級危険生物に認定されている悪竜。
“たちかぜ”の所属となっているが、これはあくまで形式のみであり、
現在は重犯罪者が収監される地下監獄に投獄されている。
破壊欲求に理性を飲み込まれており、目的の為に何かを壊すのではなく、
破壊そのものが目的という危険かつ獰猛な性質を持つ。
破壊衝動に身体の方が順応しているのか、体内には致死性の毒を持つ自身の体液が染みこんだ
無数の刃を仕込んでいる。
空虚な破壊を求め続ける暗黒の暴君。彼は待っているのだ。再び地上を蹂躙するその時を。

ゴールドパラディンの《月影の白兎ペリノア》を思わせる、
「バトル中のライド」能力を持つユニットです。
(厳密に言えば《ペリノア》は「ライド」ではないので、自身の能力では初登場?)

ライドしたユニットはスタンド状態になりますので、
そのまま連続攻撃を仕掛けていくことができるというわけですね。

第3弾R《怒竜ブラストザウルス》:相性はいいけれど。

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■バインドゾーンからの強襲!

《破壊竜ダークレックス》の能力は、2段階に分かれています。

まずは、起動能力。
手札から相手に公開し、バインドゾーン(ゲームの外エリア)に置きます。
それによって、自分のユニットのパワーを上げることができます。
この能力の本当の目的は「自分をバインドゾーンに送る」こと。
パワーはありがたいオマケです。

そして、リミットブレイク能力。
あらかじめバインドゾーンに置いたこのユニットを、
バトル中にヴァンガードへライドすることができます!
ライドしたユニットはスタンド状態ということは、
もう一度ツインドライブ!!というわけですね。

いずれもカウンターブラストを使わないので、他の戦略を絡めつつ狙えそうです。


■相手にも見えている能力

《破壊竜ダークレックス》の能力は《月影の白兎ペリノア》と違って、
奇襲性はあまりありません。

バインドゾーンに表で置かれるカードなので、
ダメージゾーンが4枚になったら、相手も警戒してくるはずだからです。
あまり早い段階から狙っていくのは、ちょっと難しそうですね。

……ちなみに最速(仮)は、

2ターン目に「自分のダメージを増やすグレード2(未登場)」にライドし、
さらに「自分のダメージを増やすグレード1(未登場)」をコールし、
ファーストヴァンガードもろともコストにして《混沌竜ディノカオス》にライド。
さらに3体を展開して《破壊竜ダークレックス》をバインド……。

手札をドロートリガーで補えば、一応最速です。
ただ、リミットブレイク能力の条件が
「そのバトル中、アタックがヒットしていなかったら」
なので、普通はうまく決めさせてくれないところでしょう。

狙いどころは「相手がガードをしなければならない状況」、
つまり、相手をギリギリまで追い込んでから、という感じですね。
防御力は10000といまひとつなので、フィニッシュ前提で使っていきましょう。


■ちなみに

ヴァンガードの連続攻撃という能力ではありますが、
《破壊竜ダークレックス》や《月影の白兎ペリノア》は、
1回目の攻撃と2回目の攻撃で、ユニットが変わっています。

《コマンダーローレル》や《スペクトラル・デューク・ドラゴン》とは異なり、
1回目の攻撃でトリガーをヴァンガードに乗せると、
《ダークレックス》や《ペリノア》にはトリガーのパワーアップが引き継がれません。

微妙に立ち回りが異なるので、注意したいところですね。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(カード考察) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:今日のカード《コンパス・ライオン》

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:「ライザーデッキ」の強化なるか?
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |