さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:シャッフルについて
2012-08-08 Wed 22:10
しつこいようですが、フロアルールより。

フロアルールでは「シャッフル」について、

デッキは充分に無作為になる様にシャッフルされなければなりません。
ファイターは公正性を示す為、相手に見える位置でシャッフルを行うべきです。
また、全てのファイターにはデッキのシャッフルを行った後に、
対戦相手にカットまたはシャッフルを求める義務があります。
(第2部 第2章 シャッフル より引用)

としています。
「無作為」とは、ランダムということ。何の「作為」もしていない状態のことです。
部分的にはバラバラでしょうし、
部分的には固まっていることもあるでしょう。
まったく無法則にカードが並んでいる状態を目指すのが、シャッフルというわけです。

第7弾RR《妖剣の奇術師サーラ》

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■不正なシャッフルについて

ファイターのデッキはシャッフルされた後、
相手にカットまたはシャッフルを求める前には
十分に無作為化されている必要があります。
無作為化の前にカードを並べ変えることは認められますが、
それはその後に十分な無作為化をしなくても良いという意味ではありません。
その後に十分な無作為化がされていない場合、
それは不正行為として扱われます。
(第9章 第1項 デッキの不十分な無作為化 より引用)

シャッフルの前には、カードを固めても構いません。

たとえば《ハイドッグブリーダーアカネ》の能力を使った時、
《ぽーんがる》を呼ぶか《といぷがる》を呼ぶか迷って、
その2枚を見比べても(少々の時間であれば)大丈夫です。

しかし、

全てのシャッフル及びデッキの中からカードを探し出す行為は、
速やかに行われなければなりません。
ジャッジがファイターのシャッフル時間が長すぎると判断した場合、
罰則の対象となります。
(第2部 第2章 シャッフル より引用)

ということですので、無意味にカードの順番を入れ替えるなど、
時間をかけていると不正行為と取られますので、やらない方がいいでしょうね。


詳しくはこちらの記事も参照のこと。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(ルール解説) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:エクストラブースター「無幻の兵団」「神託の戦乙女」続報

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:エクストラブースター「無幻の兵団」「神託の戦乙女」
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |