さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:ファイターに必要なもの。
2012-01-17 Tue 21:44
私が思う、ヴァンガードファイターに必要なもの。

いろいろ必要なものはありますが、
なによりも「仲間」が必要ではないかな、と思います。

対戦相手であり、
トレード相手であり、
何より理解者である、仲間。

第5弾RRR《ファントム・ブラスター・オーバーロード》:自力で引かずに4枚集めたツワモノも。

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■「チームでカードを買う」という発想

TCGは、何より対戦相手がいなければ始まりません。
そういった意味でも、仲間の存在は大きいものです。

それ以外にも、自分のデッキに使うカードを集める時にも、
仲間同士のつながりは大きいですね。

ヴァンガードのデッキは、クランごとにカードを集めることがほとんどです。

私は、ペイルムーン以外のカードを引いても、使いません。
私の仲間は、ペイルムーンのカードを引いても、使いません。
……というわけで、簡単にトレードが成立してしまいます。

今回「双剣覚醒」をひと箱購入しました。
私はひと箱しか買っていないのにもかかわらず、
《ミストレス・ハリケーン》をじゅうぶんな数揃えることができました。
これも、仲間の協力あってこそです。

もちろん、私からもカードをどんどん出していますけどね。
持つべきは「違うクランのデッキを組んでいる仲間」……と。


■違うクランのデッキを組んでいる仲間がいると……

カードを買う際、仲間同士が違うクランのデッキを組んでいると、
比較的トレードを成立させやすくなります。

ヴァンガードは「組んでいないクランのユニット」が本当に必要ないので、
仲間同士であれば特に、あとくされなくトレードすることができます。

メリットはそれだけではありません。
対戦する時にも、自分のデッキではできないような動きを見られますし、
大会のための練習にもなります。

仲間で遊ぶ場合は、それぞれ「担当クラン」を決めて遊べると、楽しいかもしれません。
(強い弱いをある程度度外視して遊ぶ場合は、特にオススメです!)

家族でヴァンガードを楽しむ場合なんかも、オススメの方法ですね。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(ビギナー向) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:明日は秋葉原へ……

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:「姉妹軸ペイルムーン」デッキ
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |