さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:今日のカード《ミッドナイト・バニー》
2012-07-14 Sat 00:11
7月13日の「今日のカード」は《ミッドナイト・バニー》!
ペイルムーンのキーカードとなるユニットですが、今回はイラスト違い。
「みにヴぁん」のコミックス第1巻についてきます!

《ミッドナイト・バニー》
ペイルムーン ワービースト ノーマルユニット
グレード1 パワー7000 シールド5000 ☆1
自【R】:[CB(1)、このユニットをソウルに置く]
このユニットがブーストしたバトル中、アタックがヒットした時、
あなたの《ペイルムーン》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。
払ったら、あなたのソウルから「ミッドナイト・バニー」以外の
《ペイルムーン》を1枚選び、{R}にコールする。
FT:じゃじゃ~ん!!……って、あれ?

ユニット設定
魔道サーカス“ペイルムーン”で移動マジックを担当するウサギの半獣人。
彼女が箱に入ってから『1、2、3!』と唱えると別の団員に入れ替わり、彼女は隣の箱から登場、
というのが移動マジックなのだが、如何せん失敗が多い。
にも関わらず固定ファンが多いのは、失敗しても笑顔でいられる底抜けに明るい性格や、
なんとなく後押ししたくなるような雰囲気などの、マジックとは関係ない人に好かれる才能のおかげだろう。

《みにヴぁん》コミックス第1巻(予約)

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■「入れ替え軸」の花形!

ペイルムーンデッキにもいろいろな性格が出てきはじめましたが、
《ミッドナイト・バニー》は「入れ替え軸」では中心的な役割を果たすユニットです。

ソウルの《パープル・トラピージスト》と入れ替わることで、
攻撃したはずの1列が復帰するという動きが作りやすいのがポイントですね。
リアガードが埋まっている時にも狙えますし、
ヴァンガードの後列から能力を狙って行けるのも、使いやすいポイントです。

パワー7000のブーストを活かして、
ヴァンガードの後列ならば《妖剣の奇術師サーラ》と20000ラインを、
リアガードの後列なら《蒼白き月の魔王》と19000ラインを作っていくのがいい感じです。

ヴァンガードに《銀の茨の竜使いルキエ》がいる時にリアガードで攻撃すれば、
自身の能力+《パープル・トラピージスト》によって《ルキエ》のパワーは計+6000!
攻撃をヒットさせた時の被害が大きくなりますので、プレッシャーは大きそうです。


■「パワー型」では……?

私の「姉妹・サーラ軸」では《ミッドナイト・バニー》よりも《量子力学の魔法使い》を優先しました。

どちらも、ソウルから高パワーブースターをコールして
ライン構築の手助けをするためのユニットという位置づけなのですが、
能力を使える確実性や《ジャンピング・グレーン》との相性で《量子力学》になっています。

バトル中にラインを構築できると、カード1枚で2ラインのブーストができるので
《ミッドナイト・バニー》も捨てがたくはあるのですが……。


■「みにヴぁん」バージョン

私は「ありす・ルキエ軸」で《ミッドナイト・バニー》を4枚採用しています。
「みにヴぁん」を買ったら、1枚だけイラスト違いを使ってみようかな……?

今後も《ミッドナイト・バニー》については研究の余地があることでしょう。
うまく使いこなせるようになると「ペイルらしい」動き方ができて、楽しいユニットです!
ペイルムーンを使う時には、ぜひ一度使ってみてください。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(カード考察) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:対「エンジェルフェザー」のプレイング

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:大会に行ってきました。
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |