さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


TCG:イベントは誰が作るもの?
2012-07-13 Fri 17:00
イベントや大会が「楽しいもの」になるかどうかは、
そのイベントの「関係者」によって決まります。

「関係者」とは、
運営側のことも指しますし、
参加者のことも指す、と私は考えています。

私はひとりのプレイヤーですが、
大会やイベントに参加すれば、ひとりの「関係者」というわけです。

第7弾RR《妖剣の奇術師サーラ》

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■「参加者」は「お客様」か?

公式非公式を問わず、イベントや大会は各地で開催されますが、
「参加者」も、そのイベントを作る関係者です。

たとえば、大会で自分が対戦したプレイヤーが
「この大会は楽しかった」
と思えるかどうかは、対戦相手である自分にも責任があります。

対戦中、マナーの悪い態度だったり、
ましてや反則行為で迷惑をかければ、
対戦相手の方は「楽しかった」とは思えないでしょう。

あるいは、フリー対戦のスペースがあったとして、
スペースの一角を占拠し続けるプレイヤーがいたとすると、
やはりそれは、周りに迷惑になってしまいます。

「それを注意するのは運営の仕事」という意見もあるかと思います。
確かにそれは一理ありますが、
そもそもマナー違反の参加者がいなければいい、というのも一理ありませんか。


■いちプレイヤーとして

「プレイヤーも関係者としての自覚と責任を持て」

というのは、運営側からはなかなか言えないと思います。
私はひとりのプレイヤーに過ぎませんので書いちゃいます。
(ちょっとエラそうなことですけどね)

楽しいイベントを作るのは、運営側だけではありません。
参加する方にも、楽しいイベントを作っていく責任があります。
イベントを円滑に進めるために、ルールとマナーを守る。
プレイヤーも、協力していく必要があるのです。

と。


……さー、言ったからには私も気をつけないと。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:大会に行ってきました。

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ペイルムーン:ユニット考察(グレード3)
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |