さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ペイルムーン:ユニット考察(グレード3)
2012-07-13 Fri 00:59
「ペイルムーン」のユニットも、選択肢が増えてきました。

特にグレード3の選択肢が増えたのは嬉しいですね。
いろいろな「軸」のペイルムーンデッキが組めそうです。

ちょっと能力に癖のあるユニットが多いですが、
それもペイルムーンらしさということで……。

あらためて、それぞれのユニットについて考察してみます。

第7弾RRR《銀の茨の竜使いルキエ》

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■《銀の茨の竜使いルキエ》
リミットブレイク持ちの切り札ユニット。
ヴァンガードで真価を発揮するタイプのグレード3です。

「ソウルからペイルムーンが登場するとパワー+3000」の能力は、
うまく使いこなせば相当なパワーアップが可能です。
それでなくとも《ありす》《バニー》+《パープル・トラピージスト》でパワー+6000、
ガード要求を1段階上げられます。
うまくプレッシャーにしていきたいところですね。

リミットブレイク能力はパワーアップとも相性がいいのですが、
なかなか都合よく展開できません。
能力を積極的に狙っていくのか、サブウエポンにするか、
このあたりもデッキ構築の個性が出そうですね。


■《妖剣の奇術師サーラ》
ヴァンガードで安定した高パワーを発揮でき、
追加で入れ換え能力も持つ切り札ユニット。

入れ換え能力は条件が非常に厳しいので、
これを中心に戦うのは、難しいプレイングが要求されそうです。
基本的には高パワーを活かして立ち回りたいですね。


《宵闇の奇術師ロベール》
毎ターンのソウルチャージと、山札の操作ができるユニット。
フルブラストはオマケ程度に考えていいでしょう。
一応リアガードでも使えるのは、覚えておいていいのかな。

山札のトップ操作でトリガーやソウルチャージを使っていくのが
このユニットを使う最大の理由です。
スタンドトリガーを軸にする場合は、特に有効な能力です。
パワーに難があるので、リアガードでサポートしたいところ。


■《ナイトメアドールえいみー》
毎ターンのソウルチャージと、パワー+2000の能力を持ちます。
例によって、フルブラストはオマケです。
リアガードでは能力が使えないので、できればヴァンガードにライドしたいところ。

実質的にソウルチャージとパワーしか見るところがありませんが、
ブースターによってはプレッシャーが大きくなりますので
うまくかみ合うデッキであれば、採用の余地は十分あり。


■《ゴールデン・ビーストテイマー》
非常に癖の強いユニットです。
リアガードではデメリットしかありませんので、
ヴァンガード専用のユニットと言っていいでしょう。

ソウルから「キメラ」を呼ぶ能力と、
リアガードのパワーを+3000する能力は非常にかみ合います。

自身の拘束解除のためにもソウルが大量に必要なため、
完全に専用のデッキでなければまともに機能しないでしょう。
能力はそれなりに強力なので、ロマンを追うなら。


■《ミストレス・ハリケーン》
ヴァンガード登場時にソウルからユニットを呼び出し、
ソウルが8枚以上あるとパワー11000になれるユニット。

自身の能力がすでにケンカしているため、使いこなすのはやや難しいですね。
使う場合には、ソウルをある程度増やせる構築が必要でしょう。
種族が「キメラ」なので、
同じく大量のソウルを必要とする《ゴールデン・ビーストテイマー》とは相性がいいかも?


■《バーキング・マンティコア》
ソウルに《クリムゾン・ビーストテイマー》がいるとパワーアップ。
自身の能力で、ソウルに送り込むこともできます。

シンプルな能力ですが、今の環境ではやや厳しい能力ですね。
パワーだけなら《妖剣の奇術師サーラ》と同等ですし、
《クリムゾン》をソウルに置くだけなら《夜空の舞姫》がいる……。

一応種族が「キメラ」なので、それを絡めるなら、ワンチャンス?


■《ナイトメアドールありす》
ペイルムーンらしい、ソウルとの入れ替え能力を持つユニット。
ある意味で「ペイルムーンの生命線」とも言えるユニットです。
リアガードで真価を発揮するため、
ヴァンガードにライドするのはできれば避けたいタイプのグレード3です。

能力をうまく使いこなせば連続攻撃を仕掛けることができ、
ソウル次第では相手に大きなプレッシャーをかけ続けることができます。

「入れ替え軸」ではキーカードになりえる1枚。
ペイルムーンらしさを追うなら、ぜひ使い方をマスターしたいところです。


■《ミッドナイト・インベイダー》
ヴァンガードへの攻撃時にパワー+2000。
ヴァンガードでもリアガードでも能力は同じですが、
どちらかと言えばリアガードでこそ輝くユニットですね。

安定した高パワーが魅力で、たとえば《ありす》から入れ替わって12000で攻撃したり、
8000以上のブースターと組み合わせて20000以上のラインを構築したりできます。

種族が「キメラ」というのも、リアガードで強い能力とかみ合っていてグッド。
シンプルですが、使いやすそうな1枚です。


■《蒼白き月の魔王》
ペイルムーンのブーストを受けた時にパワー+2000。
ヴァンガードでもリアガードでも能力は同じですが、
どちらかと言えばリアガードでこそ輝くユニットですね。
ヴァンガードであれば《妖剣の奇術師サーラ》の方が上ですし……。

《ミッドナイト・インベイダー》と比較されることが多いユニットですが、
こちらが優れている点は「攻撃対象がリアガードでもパワーアップする」というところ。
《バニー》と組んで、19000でリアガードを攻撃できるというのが強みですね。

《バニー》から《パープル・トラピージスト》へつなげば、
強力な連続攻撃の起点となることができます。
相手がうかつに9000のリアガードを出してきた時に狙えば、嫌がることでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(カード考察) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:TCG:イベントは誰が作るもの?

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:ペイルムーンのパワーライン
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |