さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:カットとシャッフル
2012-07-11 Wed 22:15
大会に出る時には、必ず知っておきたいこと。

対戦の前には、かならずデッキをシャッフルします。
ヴァンガードでは「カット」「シャッフル」について、
ルールできちんと説明がなされています。

フロアルールで、確認してみましょう。

第7弾R《パープル・トラピージスト》

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■フロアルールにおける「カット」「シャッフル」

フロアルールより、以下に引用します。

フロアルール
第2部 カードとシャッフルに関する条項 より。

第2章 シャッフル
デッキは充分に無作為になる様にシャッフルされなければなりません。
ファイターは公正性を示す為、相手に見える位置でシャッフルを行うべきです。
また、全てのファイターにはデッキのシャッフルを行った後に、
対戦相手にカットまたはシャッフルを求める義務があります。
この際、対戦相手の代わりにジャッジにカットまたはシャッフルを求める事ができます。
これが適正であるかどうかはジャッジによって判断されます。

カットまたはシャッフルを求められた対戦相手が、
渡されたデッキの無作為化が充分に行われていないと感じた場合、
ジャッジにそれを申告する事ができます。
十分な無作為化が行なわれているか否かの判断はジャッジが行い、
それに関する最終判断を行う権限はヘッドジャッジが有します。

全てのシャッフル及びデッキの中からカードを探し出す行為は、
速やかに行われなければなりません。
ジャッジがファイターのシャッフル時間が長すぎると判断した場合、
罰則の対象となります。

(以下省略)


罰則規定
第3部 一般的な違反 より。

第9章 その他
第1項 デッキの不十分な無作為化
ファイターのデッキはシャッフルされた後、
相手にカットまたはシャッフルを求める前には
十分に無作為化されている必要があります。
無作為化の前にカードを並べ変えることは認められますが、
それはその後に十分な無作為化をしなくても良いという意味ではありません。
その後に十分な無作為化がされていない場合、
それは不正行為として扱われます。

これに対しての適正な罰則:【セットの敗北】
(中略)

無作為化の方法としては、
ディールシャッフル(カードをいくつかの束に分けて行われるシャッフル)と
リフルシャッフルやマッシュシャッフル(横差し式のシャッフル)などを
組み合わせた方式が推奨されます。

(以下省略)


罰則規定
第4部 不正行為 より。

第2章 カードを不正に動かした
例)故意に十分な無作為化を行わなかった。
例)対戦相手が見ていない隙にドロップゾーンのカードを手札に入れた。

ゲームのルールに沿わない形でカードを物理的に動かして
利益を得ようとした場合、この罰則が適用されます。

これに対しての適正な罰則:【退場処分】

(以下省略)

この辺については、把握していないプレイヤーもいるのではないでしょうか?
過去に何度か記事にしましたが、たとえば
「グレードごとに分けたカードを均等になるように差し込む」
「カードを探す能力を使ったあと、トリガーを数枚おきに差し込む」
といった行為。

これらは、対戦相手にシャッフルを求めた際にジャッジを呼ばれれば、
【セットの敗北】や、最悪【退場処分】を受ける違反行為です。
注意しましょう。


付録2:よくある質問 より引用。

Q1.シャッフルを行う際、相手がトリガーユニット16枚を一番下にして16枚切りをしました。
この場合、十分な無作為化ができていないのではないでしょうか。

トリガーユニット16枚を一番下にして16枚切りをしただけでは
十分な無作為化が行なわれるシャッフルとはいえません。
その後、Q2にある様なシャッフルを入念に行った場合には
十分な無作為化がされているといえます。

Q2.十分な無作為化が行なわれるシャッフルとはどの様な物を指しますか?

ディールシャッフル(n枚切り)と、
マッシュシャッフル(横差しのシャッフル)あるいは
リフルシャッフルを組み合わせて数回行ったものを指します。

Q3.相手が充分な無作為化をしている様に思えません。
この場合、どうすれば良いのですか?

相手が充分な無作為化をしていないと思える場合、
ファイターは対戦中であってもジャッジを呼んで
精査してもらう権利があります。

(以下省略)


……なお、対戦している相手が不十分なシャッフルをしたからといって、
対戦相手に罰則を与えるようジャッジに必要以上に要求を行なうことは、
「軽度の非紳士的行為」の違反に該当します。

蛇足ではありますが。
以前、

「対戦相手に『カット』を求めたのに『シャッフル』された」と言って
ジャッジキルを狙うプレイヤーがいた

……というよくわからない噂を聞きましたが、
それは対戦相手が「十分な無作為化のためです」と言えばそれでいいだけの話で、
むしろジャッジキルを狙った方が死ぬ。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(ルール解説) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:ペイルムーンのパワーライン

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:ファイターズロード上位デッキまとめ
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |