さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:新カードのQA
2012-07-07 Sat 19:30
公式サイトにて「獣王爆進」のカードのQAが更新されています。

ちょっとわかりにくい能力がありますので、
使うときには一度チェックしておくといいですね。

個人的に、わかりにくいだろうなというものをピックアップしてみました。

第7弾RR《量子力学の魔法使い》

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■わかりにくい能力のQA

以下、引用を交えつつ。
ルールの根拠を総合ルールから探してありますので、
興味のある方はご覧下さい。

Q227 (2012-07-06)
[BT07/003:バイナキュラス・タイガー]
[BT07/011:モノキュラス・タイガー]
[BT07/S03:バイナキュラス・タイガー]
[BT07/S10:モノキュラス・タイガー]
Q. このユニットがアタックした時、このユニットの能力を、
パワーが7000のブーストしたユニットに使いました。
ブーストで増加するパワーはいくつですか?
A. 11000です。
ブーストによってパワーを増加するのは、
「アタックした時」と「ブーストした時」等の能力を解決した後です。

根拠は「総合ルール7.3.アタックステップ」。
7.3.1.5.~7.3.1.6.を参照してください。
ちなみにこれは《月影の白兎ペリノア》の
リミットブレイク能力も、ほぼ同様ですね。


Q232 (2012-07-06)
[BT07/007:月影の白兎 ペリノア]
[BT07/S07:月影の白兎 ペリノア]
Q. レスト状態のこのユニットがヴァンガードサークルに置かれました。
このユニットはレストで置かれますか?
A. いいえ、スタンドで置かれます。
ヴァンガードサークルに置かれるユニットはスタンドで置かれるからです。

以前も記事にしたこの能力。
厳密には、リアガードサークルからヴァンガードサークルへの移動は
「ライド」ではないそうですが(総合ルール10.1.5.ライドする)、
いずれにしても、ヴァンガードサークルへユニットが置かれるときには、
スタンド状態で置かれます。
根拠は「総合ルール4.6.4.1.」です。


Q242 (2012-07-06)
[BT07/039:リトルウィッチ ルル]
Q. 「スカーレットウィッチ ココ」をライドした時、
このカードをリアガードサークルにコールし、
「このユニットがソウルからリアガードサークルに登場した時」の能力で
カードを発動させ、ソウルが1枚になりました。
ココの能力でカードを2枚引けますか?
A. はい、引けます。同じファイターのカードが能力を同時に発動した場合、
そのファイターが解決する順番を好きに決めることができます。
そのため、以下の順番で能力を解決することができます。
1:このカードをソウルからリアガードサークルにコールします。
2:「ソウルからリアガードサークルに登場した時」の能力を
コストを払って解決して1枚引きます。
3:「スカーレットウィッチ ココ」の能力を解決し、このタイミングでソウルが1枚以下なら、
コストを払って、2枚引くことができます。

これも以前記事にしたことがありますが、改めて。
根拠は「総合ルール8.6.自動能力の処理」です。
「待機状態」になった能力を順番に解決していけば、混乱せずに処理できるでしょう。


Q247 (2012-07-06)
[BT07/067:ドリーミー・フォートレス]
[BT07/071:ドリーミー・アンモナイト]
Q. 相手のターン中、このカードがドロップゾーンに置かれた時、
ソウルにある同名のカードをコールしないことを選べますか?
A. いいえ、同名カードがソウルにある場合、必ずコールしてください。

カードテキストには「1枚まで」とも「できる。」とも書いていませんので、
この能力は強制です。ちょっと珍しいですね。
根拠は「総合ルール8.5.3.1.」。
ソウルの数が勝手に減ってしまいますので、注意したいところです。


Q248 (2012-07-06)
[BT07/048:爆発科学者 ぶんた]
[BT07/055:失敗科学者 ぽんきち]
[BT07/068:シーソーゲーム・ルーザー]
[BT07/072:シーソーゲーム・ウイナー]
[BT07/081:ビースト・イン・ハンド]
[BT07/084:麗しのハルピュリア]
[BT07/097:マスター・オブ・ペイン]
[BT07/098:デサイプル・オブ・ペイン]
[BT07/100:ドクトロイド・メガロス]
[BT07/101:ドクトロイド・ミクロス]
Q. ダメージゾーンのカードが5枚の時、この能力を使うとどうなりますか?
A. ダメージが6枚になるので、ゲームに敗北します。

このテキストは「総合ルール8.6.5.」で示されている「時限誘発」ですね。
能力の処理中にチェックタイミングが入らない《ノキエル》シリーズとは
異なる処理なので注意しましょう。

なお「時限誘発」は《量子力学の魔法使い》にも使われます。

ちなみに《量子力学の魔法使い》のQAにミスがあったようなので、
そこは注意してくださいね。テキストどおりでOKです。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(ルール解説) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:「獣王爆進」開封結果

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:迷走中「ありす・ルキエ軸ペイルムーン」デッキレシピ
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |