さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:《銀の茨の竜使いルキエ》
2012-06-15 Fri 13:58
6月15日の「今日のカード」は、ペイルムーンのリミットブレイク持ちユニット
《銀の茨の竜使いルキエ》!

昨日の記事ではその能力に期待していましたが、
想像以上の能力で、驚きました!

《銀の茨の竜使いルキエ》
ペイルムーン エルフ ノーマルユニット
グレード3 パワー10000 シールドなし ☆1
起【V】【LB(4)】:[CB(3)]あなたのソウルから、
グレード3とグレード2とグレード1とグレード0の、
《ペイルムーン》をそれぞれ1枚まで選び、別々の{R}にコールする。
自【V】:あなたの《ペイルムーン》がソウルから{R}に登場した時、
そのターン中、このユニットのパワー+3000。
FT:馳せ参じよ、忠実なる従僕(シルバーソーン・サーバンツ)!

ユニット設定
惑星中に十数人しかいないと言われる竜使いの一人。
超希少素材「銀茨」を用いた破魔の力を宿す鞭を持つ。
緋色に輝く彼女の右眼は強力な「魅了(チャーム)」の魔法を常時発動させており、
この瞳を見れば余程の意志力が無い限り瞬時に彼女に隷属させられてしまう。
千年の時を生きた「ミレニアム・エルフ」が“ペイルムーン”に来た理由は
団長曰く「一時の道楽」らしい。
彼女の虜となった者達は彼女に従い、そして彼女より先に生涯を終える。
彼らは最後に主の姿を見て、必ず満足気に微笑み散っていくのだという。

第7弾《獣王爆進》BOX(7月発売・予約)

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■《ルキエ》の能力

《銀の茨の竜使いルキエ》は、ふたつの能力を持っています。

まずは、ヴァンガード限定で
ペイルムーンがソウルから登場すると、パワーが上がる能力。

そして、リミットブレイク時には
ソウルから最大4枚のユニットをコールできる能力。

それぞれについて解説してみます。


■パワーアップ能力

ご存知の通り、ペイルムーンがソウルから登場する機会は多いです。

《ナイトメアドールありす》《ミッドナイト・バニー》の能力でもいいですし、
《パープル・トラピージスト》を使うのもいいでしょう。
あるいは、ファーストヴァンガードに《狭間を超える少女》を使えば、
その能力を使ってパワーを上げることができます。

特に《狭間》から《トラピージスト》につなげると、
2回能力がトリガーされることになりますね。

能動的に使う場合は《狭間》《トラピージスト》を使うのがよさそうですね。
パワーによっては《ありす》《バニー》のプレッシャーを高めることもできそうです。

また、テキストには「自分のターン」という限定がありませんので、
今後「相手ターンにソウルから登場する」というユニットが出てくると、
組み合わせることで高い防御力が得られる……かも?


■リミットブレイク能力

リミットブレイク能力は、最大で4枚のユニットをコールする大技です。
パワーアップ能力も発動し、一気に12000のパワーアップ!

……しかし、最大限に使いこなすのは難しそうですね。

理想的な展開ができる場合は、
グレード0のユニットは《狭間を超える少女》を呼び出すか、
あるいは《スカイハイ・ウォーカー》でカウンターブラストを回復するか。

カウンターブラストが回復すれば、
同時に《ミッドナイト・バニー》《ナイトメアドールありす》などをコールして、
さらにプレッシャーをかけていくこともできるでしょう。

ただし、
4枚を呼び出すには、ソウルにそれぞれのグレードのユニットがなければいけません。
不足しているグレードの部分はコールできません(他のユニットは出せます)ので、
呼び出す枚数と、それにともなってパワーアップの幅も小さくなります。

状況によっては、上書きコールで「枚数得」ができない可能性もあります。

ソウルのユニットに振り回されないよう、高度なプレイングが要求されそうです。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(カード考察) | コメント:7 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:《銀の茨の竜使いルキエ》を使いこなすには?

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:《銀の茨の竜使い》と《バーキング・ドラゴン・テイマー》
この記事のコメント:


☆トリガー軸などはどうでしょうか。
今回の弾で2種類目の☆トリガーがでてくれれば☆&引のトリガーメインでルキエの高いパワー上昇能力を上手く利用できそうな気がしますがどうでしょうか。
なにげにペイルムーンの新トリガーがまだ?無いようですので気になりまして。
Vから最初にアタックするペイルムーンも面白い気もします。
2012-06-15 Fri 14:24 | URL | Sakazu #SFo5/nok[ 内容変更]


これは恐ろしいユニットが登場しましたね。

リミットブレイクを使いこなせなくともパワーアップ能力だけでも強力ですね。ソウルからコールされたありすがブーストなしでvを殴れるわけですし。

これでペイルムーンのG3の選択肢が増えて多彩な構築ができるのではないでしょうか。
2012-06-15 Fri 14:51 | URL | west #-[ 内容変更]


こんにちは(^-^)まずルキエのスキルを知った瞬間((((゜д゜;))))な状態になりました。これはペイル使いは歓喜ですね。ただこのスキルだとありすはデッキに2~3くらいでもOKな気がするんですが(^_^;)
私もペイル作るためにありすは一枚購入したので(^_^;)
そのへんはどうなんでしょうね(・∀・)
2012-06-15 Fri 15:28 | URL | ホワイト #-[ 内容変更]


はじめまして!こちらのブログいつも楽しく拝見させていただいてます!!

ルキエの効果はとても派手なものですけど、相応にCBがかかりますね。初めからルキエでの展開を軸とするか、ゴールデンみたいに切り札として(いつもでも効果をつかえるとは限らなさそうですけど)使うか迷います。

まだまだ未判明のカードも多いですし、ヴォーティマーに対する戦乙女のような、コンボ性を意識させたカードも追加されるんでしょうかね。
2012-06-15 Fri 16:17 | URL | 端くれ #-[ 内容変更]


《時空を超える少女》ではなく《狭間を超える少女》ですね
ややこしいですが一応
いつも拝見しております
今回の強化でデッキ構築はかなり難しくなると思いますがそのぶんいろんなデッキが見られそうで楽しみですね
2012-06-15 Fri 16:28 | URL | t #-[ 内容変更]


はじめまして!いつも楽しく、
興味深く拝見させていただいてます!
G3の枠が厳しくなりましたね(汗
ルキエを入れようとすると
自分はロベールを抜くつもりなので
SCに問題が出ますが
ヤッパリ、ミアと腹ぺこピエロが過労死させるのが一番なんでしょうか?
あと、FTの言葉的に、LBで出てくるのはチャーム受けた団員たちなんですねww
2012-06-15 Fri 17:14 | URL | hakiri #9Q/SYl1A[ 内容変更]


コメントありがとうございます!
みなさま、コメントありがとうございます!

>Sakazuさん
そうですね、せっかくヴァンガードのパワーが上がるのですから、
クリティカルトリガーが多めのデッキは組みたいところです。
もともと「姉妹軸」はパワー重視のデッキだったので、そこに組み込めるといいなあと思いつつ。

>westさん
グレード3の選択肢が大幅に増えそうなのは良かったです。
《宵闇の奇術師ロベール》は、安定したソウルチャージで出番がありそうですが、
パワーがそれなりに出せるようになったのはありがたいところです。

>ホワイトさん
デッキに投入するカードの細かい枚数は今後徐々に調整していきたいですね。
グレード3に入れたいユニットが増えたので、スペースをどうしたものか……。
《ありす》は自身の能力でソウルに入ることもできるので、
「ソウルからグレード3を出す」能力には噛み合っている気がします。
ネックになりそうなのはグレード3をどうやってソウルに送るか、ですし。

>端くれさん
ご覧いただいてありがとうございます!
個人的には、
「基本は《バニー》&《ありす》」
「相手がガードしてきたら《ルキエ》も使う」
という、2段構えで構築できるのではないかなと思います。
戦略も、いろいろ考えてみたいですね。

>tさん
ご指摘ありがとうございます!記事は修正しました。
カードプールが広くなるとデッキ構築も難しくなりますが、
その分デッキを強くもできるので、楽しみたいところですね。

>hakiriさん
ソウルの調整をどうするかは課題ですね。
能力で《バニー》《ありす》を展開しても、ソウルが残らなければプレッシャーもなくなってしまいますし。
ある程度の枚数が必要なので、やはり《腹ぺこ》や《ミア》などを使っていく必要がありそうです。
そのあたりは、要研究ですね!
2012-06-15 Fri 22:31 | URL | 一城なつき #nCg6BTs6[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |