さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:《真理の守護者ロックス》
2012-06-05 Tue 14:13
6月5日の「今日のカード」は、グレートネイチャーの新ユニット。
昨日と合わせて《ロックス》の連携ライドユニットです。

ファーストヴァンガードの《学び舎の神童ロックス》から
グレード3の《真理の守護者ロックス》へつなげるのが、
「ロックス軸グレートネイチャーデッキ」の目標になることでしょう。

《真理の守護者ロックス》
グレートネイチャー ハイビースト ノーマルユニット
グレード3 パワー10000 シールドなし ☆1
永【V】:あなたのソウルに「護法官 ロックス」があるなら、
このユニットのパワー+1000。
起【V】:[CB(2)、あなたの手札から「真理の守護者 ロックス」を1枚選び、捨てる]
あなたの《グレートネイチャー》のリアガードを1枚選び、
そのターン中、パワー+4000/クリティカル+1し、
そのターンのエンドフェイズ開始時、そのユニットを退却させる。
FT:学びなさい……誰にでも、その権利があるのです!

ユニット設定
“ズー”に点在する全ての護法官を束ねる長。
現世のあらゆる事象の在り方に精通していると言われている。
大学では「生きた伝説」と崇められ、特別栄誉教授をはじめとした
百を超える量の称号を授かっているという。
果てしない学びの道の中で世界の「真理」にたどり着いたとされる彼が見つけた物は何だったのか。
それは彼以外にはわからない。
しかしそれが何であれ、彼は決して口にも文にもすることは無いだろう。
立ち会えることが「人生最大の幸運」と称される彼の講義は
いつもこの言葉で締めくくられる――『「学」に終着点は無い』。

第7弾《獣王爆進》BOX(7月発売・予約)

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■《ロックス》軸の立ち回り

《ロックス》を軸とした連携ライド狙いのデッキは、
ちょっとテクニカルな立ち回りが必要になってきます。

グレード1と2の《ロックス》は、連携ライドに成功したときの共通能力を持っています。

あなたの《グレートネイチャー》のリアガードを2枚まで選び、そのターン中、
『自:あなたのエンドフェイズ中、このユニットが{R}からドロップゾーンに置かれた時、1枚引く。』を与える。

連携ライドに成功したときに、ユニット2体に能力を与えます。
グレートネイチャーの「大幅なパワーアップ+エンドフェイズに退却」の能力を使えば、
パワーアップの代償を帳消しにすることができます。

また《真理の守護者ロックス》のペルソナブラスト能力のために、
2枚目の《真理の守護者》をドローするサポートにもなってくれることでしょう。

ただし、そのためには「ライドフェイズに2体のリアガードが存在する」ことが必要になりますね。
もちろん1体でもかまいませんが、とにかく誰かをコールしておく必要があります。

しかも、パワーアップの幅は「+4000」というものが多く、
相手のユニット次第では、パワーアップの意味があまりないことも……。
(下記参照)

先読みでユニットを展開しておく必要があるので、
完全に使いこなすには、かなり高度なプレイングが要求されそうです。


■+4000を使いこなすには?

たとえば、自分のリアガードのラインが「15000」だったとしましょう。
相手のユニットのパワーが「10000」だった場合、
そのまま攻撃すれば、シールドの要求は「10000」ですね。

「+4000」のパワーアップをした場合、
ラインの合計パワーは「19000」になります。

……シールドの要求は「10000」。変わっていません。

ということは、エンドフェイズに退却するだけ損をすることもあるわけです。

グレートネイチャー、なかなか難しいクランになりそうです。
ファイターにも、優秀な頭脳が求められるというわけでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(カード考察) | コメント:2 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:アクアフォースデッキ「海皇の末裔」

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:ペイルムーンのプレイング
この記事のコメント:


こんにちはアニメでもかなり高度なプレイングしてましたよね
グレートネイチャーを使いこなしたらプレイング上達しそう⊂(・∀・)⊃
僕はロックス軸で組むつもりです
アプトはサポートで採用しようかなと思います(^-^)
2012-06-05 Tue 17:43 | URL | ホワイト #-[ 内容変更]


コメントありがとうございます。
>ホワイトさん
アニメでは、序盤から《モノキュラス・タイガー》で攻撃していましたが、
《ロックス》の連携ライド時の能力を活かすためだったわけですね。

実際には、序盤にグレード0~1のユニットを2体並べ、
かつ「エンドフェイズに退却」の能力を2体に与えるのは、
結構難しいかもしれません。
ただでさえ引き運に左右されやすい連携ライドですが、
はたしてどの程度決められるものか……。
使いこなすのは、難しいような気がします。
2012-06-05 Tue 18:21 | URL | 一城なつき #nCg6BTs6[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |