さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:《腹ぺこピエロ》のソウルチャージ
2012-06-04 Mon 17:10
昨夜アップした動画でも使っていましたが、
私のペイルムーンデッキにおける、グレード2のソウルチャージユニットは
《腹ぺこピエロ》を採用しています。

《腹ぺこピエロ》
ペイルムーン オーガ ノーマルユニット
グレード2 パワー9000 シールド5000 ☆1
自【V/R】:このユニットのアタックがヒットした時、
あなたの《ペイルムーン》のヴァンガードがいるなら、SC(1)してよい。
FT:戦車の踊り食いが見れるのはペイルムーン・サーカスだけ!

なぜ《ニトロジャグラー》などではなく《腹ぺこピエロ》なのか?
理由はいくつかありますが……。

第3弾C《腹ぺこピエロ》

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■ソウルチャージのタイミング

私が《腹ぺこピエロ》を採用する一番大きな理由は、
「ソウルチャージのタイミングを、ある程度遅らせることができること」
です。

対抗馬となる《ニトロジャグラー》は、コールされた時にソウルチャージします。
《腹ぺこピエロ》の場合は、コールした次のターンにソウルチャージを狙うことも、ある程度可能です。

具体的にどういう時に影響するかというと、
《宵闇の奇術師ロベール》によるデッキトップの確認のあと。

《ロベール》でトップを確認して、それがトリガーだった場合、
「トリガーをめくったあとにソウルチャージ」ということが《ニトロジャグラー》ではできません。
(《腹ぺこピエロ》でも、ソウルの質によっては必要がありませんが、選択肢があります)

《腹ぺこピエロ》の場合は、トップがトリガーなら「ドライブチェックのあとに攻撃」、
トップが《パープル・トラピージスト》や《ジャンピング・ジル》なら、先に攻撃……と、
タイミングをある程度操作することで、ソウルチャージをコントロールできるわけです。

ソウルの「量」より「質」を重視するペイルムーンならではの動きと言ってもいいでしょう。

……あ、でも動画ではプレイングを間違えています。難しいです。


■相手のガードを揺さぶれ!

《腹ぺこピエロ》の能力の欠点は、ソウルチャージができるか否かの決定権が、相手にある点。
ガードしてしまえばソウルチャージができませんから、
その点では、確実にソウルチャージできる《ニトロジャグラー》などに劣ります。

しかし、そこはプレイングである程度補っていくことができます。

たとえば、リアガードを2列作る際、
《腹ぺこピエロ》と逆のラインに《ナイトメアドールありす》や《ミッドナイト・バニー》を配置。
そうすると、能力の危険度からいって《腹ぺこピエロ》を通してくれやすくなります。

もっと露骨にするなら、
《ありす》のラインのガード要求を5000(要するにブースターなし)、
《腹ぺこピエロ》のラインのガード要求を10000にできれば、なお攻撃は通りやすくなるでしょう。

ガードを揺さぶることで、ソウルをコントロールしていくことができるわけです。


グレード2のソウルチャージ要員には、
《腹ぺこピエロ》《ニトロジャグラー》《エレファント・ジャグラー》など選択肢がありますが、
自分のプレイスタイルやデッキの戦略に合わせたユニットを選択したいですね。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(カード考察) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:ペイルムーンのプレイング

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:《蒼白き月の魔王》
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |