さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:スパイクブラザーズの「個性」
2012-06-02 Sat 00:00
金曜日、大会後に話していたこと。

仲間のひとりが「スパイクブラザーズ」のデッキを組んでいます。
このクランの持ち味は、手札をコストにした怒涛の連続攻撃。
今回《魔王ダッドリー・エンペラー》を得たことで、
リミットブレイク後は、ターンをまたいだ10回連続攻撃!なんてことも可能になりました。

反面「連続攻撃モード」になってしまうと、コストとして要求される手札が一気になくなり、
守りが薄くなるという弱点も併せ持っていますけど……。

この「スパイクブラザーズ」の個性、トガってて好きなんですよね。

「黒鋼の戦騎」RRR《魔王ダッドリー・エンペラー》

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■手札を代償に、攻撃回数を!

「連続攻撃モード」に入るためには、それなりに手札が必要です。

スパイクブラザーズは、登場時からトリガーに恵まれており(☆☆引治)、
連続攻撃の特性とキッチリかみ合っていました。

しかし《魔王ダッドリー・エンペラー》は、手札を一度に2枚要求するため、
もう少しドロートリガーを厚くしたい……という感じでもあるようです。

もう1種類ドロートリガーが出たら、トリガー配分は
「☆6引6治4」というマイルドな構成になるのでしょうか?

それとも……?


■「前のめり」という個性

いっそのこと「☆8引8」という構成にしても、いいのではないでしょうか?

どうせガードのことは考えずに手札を消費するわけですから、
ヒールトリガーを切って相手を倒すことに専念する……というのも、選択肢かもしれない。

ドロートリガーに加えて、クリティカルトリガーも追加されたとしたら?

「☆10引6」という、連続攻撃モードに入った瞬間に勝つようなトリガー配分も、アリなのでは?

1回目の連続攻撃はグレード2のインターセプト要員を呼んで(一応)ダメージを抑えつつ、
2回目の連続攻撃で、絶対に仕留めてみせる!!という前のめり。

もし実現したら、面白い個性になる気がするんですよね。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード | コメント:2 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:ペイルムーンデッキとの対戦

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:ヴァンガード:「獣王爆進」環境のペイルムーンデッキ
この記事のコメント:


スパイクブラザーズ使いです。
初めまして、オルガと申します
自分は2弾からスパイクを使っている者です
貴方の仰る通り自分も新しいトリガーが入ることをすごく
望んでいます
自分も多分、クリ10引10にすると思います
やはりドローが入ってくるだけでスパイクは単純に
強くなると思いますね

またコメントさせて戴きます
これからも宜しくお願い致します!
2012-06-11 Mon 20:11 | URL | オルガ #-[ 内容変更]


コメントありがとうございます。
>オルガさん
私はスパイクをほとんど使ったことはありませんが、
リミットブレイクを絡めた連続攻撃は魅力的だと思います。
中途半端にヒールを願うより、前のめりの方が似合うような気がしまして……。

☆8:引8というのは、通常ありえないトリガー構成なので、
ダークゾーンのクランにこそふさわしいかなと(笑)

またコメントお待ちしています。
2012-06-11 Mon 20:41 | URL | 一城なつき #nCg6BTs6[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |