さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:今日のカード《閃光の剣の戦乙女》
2012-05-25 Fri 14:19
5月25日の「今日のカード」は、
明日発売(本日より先行)の「黒鋼の戦騎」に収録されたゴールドパラディン。

《閃光の剣の戦乙女》と《刃の羽の戦乙女》の2枚!

変則的なコール能力を持つ《閃光の剣の戦乙女》と、
コンビを組むことでコール能力を発揮する《刃の羽の戦乙女》、
どちらも「スペクトラル・デューク・ドラゴン軸」と相性がよさそうです。

黒鋼の戦騎《閃光の剣の戦乙女》

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

《閃光の剣の戦乙女》
ゴールドパラディン エルフ ノーマルユニット
グレード2 パワー8000 シールド5000 ☆1
自:[CB(1)]このユニットが山札から{R}に登場した時、
あなたの《ゴールドパラディン》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。
払ったら、あなたの山札の上から1枚見て、《ゴールドパラディン》を1枚まで探し、
ユニットのいない{R}にコールし、残りのカードを山札の下に置く。
FT:閃光を見た者は、その瞼に白き残像を見るだろう。

《刃の羽の戦乙女》
ゴールドパラディン エルフ ノーマルユニット
グレード1 パワー7000 シールド5000 ☆1
自【R】:[CB(1)]このユニットが「閃光の剣の戦乙女」をブーストしたバトル中、
アタックがヴァンガードにヒットした時、
あなたの《ゴールドパラディン》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。
払ったら、あなたの山札の上から1枚見て、《ゴールドパラディン》を1枚まで探し、
ユニットのいない{R}にコールし、残りのカードを山札の下に置く。
FT:宙を舞う柔らかな羽のように、戦乙女は戦場を彩る。

《閃光の剣の戦乙女》は「フラッシュエッジ・ヴァルキリー」、
《刃の羽の戦乙女》は「ブレイドフェザー・ヴァルキリー」と読むようです。


■コール能力を生かすには?

「黒鋼の戦騎」に収録されたゴールドパラディンの多くは
《スペクトラル・デューク・ドラゴン》に関連するユニットです。

おそらく、このあたりのユニットはアニメで雀ヶ森レンが使うことになるでしょうけれど、
今日紹介された《戦乙女》たちも、ユニットをコールする能力ということで相性がいいですね。

序盤に《戦乙女》たちの能力を使うことができれば、戦力を増やしていけるだけではなく、
《スペクトラル・デューク・ドラゴン》のコストにもなってくれます。

《ヴォーティマー》の連携ライド中に《閃光の剣の戦乙女》がコールできれば大儲けですし、
連携ライドに失敗しても、ヴァンガードの《閃光の剣》を《刃の羽の戦乙女》でブーストできれば、
能力でユニットを増やしていくことができます。
V裏に残った《刃の羽》は、あとでコストとして退却してもらいましょう。ごめんね。


■ライバルユニットは……

この《戦乙女》たちのライバルは、やはり《奏者》コンビではないでしょうか。
特に《聖弓の奏者ヴィヴィアン》は、パワー9000でヴァンガード要員としても優秀。
パワーでは《閃光の剣の戦乙女》に勝り、
発動機会では《刃の羽の戦乙女》に勝っています。

連携ライドに失敗したときに、ガードしにくいヴァンガードから能力を発揮できれば、
《ヴォーティマー》よりカウンターブラストコストはかかりますが、堅実にユニットを展開できます。

《戦乙女》の連携は、パワーが15000という微妙な線というのも難しいところですね。

さて、あなたはどちらで構築しますか?
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード(カード考察) | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:初メガブラスト!

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:TCG:「カードゲーマー」vol.4情報
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |