さぁ、夜が来た!ペイルムーン・サーカスへようこそ!
ヴァンガードのデッキや【今日のカード】考察など。
マイペースで更新中!コメント、トラックバック、リンク大歓迎です。
2017年7月7日発売:トライアルデッキ『歌姫の初舞台』
2017年7月7日発売:クランブースター『七色の歌姫』


ヴァンガード:余ったカードの利用法
2012-05-21 Mon 20:42
TCGに共通した悩みではありますが……

「余っているカードをどうするか」

というのは、ヴァンガードも例に違わず悩ましい問題です。
(どちらかと言えば、深刻な方かも)

パックを買ったあとに残る、使わないカード。
レアカードであれば「ショップに売る」こともできますが、
コモンのトリガーユニットなどは、結構余ってきます。

これらを、どうしたものか……。

第5弾RRR《隠密魔竜マンダラロード》:使わないクランをどうしたものか。

- - - - -
Amazon.co.jp: ヴァンガード - トレーディングカード

■ 方法その1、仲間とわけ合う。

カードを買う際に、狙っているクランが違うファイター同士が
共同で購入するという方法。

たとえば、
「オラクルシンクタンク」と狙っているファイターと、
「ペイルムーン」を狙っているファイターが、
共同で「第3弾魔候襲来」を購入する……など。

お互いのパックから出てきた、相手が使うクランのカードは、相殺してトレード成立。
使わないカードを減らすことができます。

収録数の差などで公平不公平は出てくるはずなので、
その辺りをザックリ済ませられる仲間と買うのがよさそうです。


■方法その2、工作する。

Kanjuさんのシャドーボックスは、ご覧になった方も多いかと思います。
私の知っている方では、るてちうむさんもヴァンガードの作品を公開されています。

余ったコモンカードを立体化するのも、ひとつの楽しみ方と言えるでしょう。


■方法その3、新しいルールを作って遊ぶ。

デュエル・マスターズでは、非公認のカジュアルルールを作って遊んだりしています。

ひとつのデッキを、対戦するふたりで共有する「タワーデッキ」
や、
ふたりの勇者 vs ひとりの魔王の変則対戦ルール「魔王戦」

普段使っていないカードや、余ったカードを活用した、
非公式の変則ルールを作って遊ぶのもいいかもしれません。

ヴァンガードでは、少なくとも私はまだ作っていませんが……
面白いルールが完成したら、ブログで公開したいと思います。

「百人一首」の変則カジュアルルール「坊主めくり」を流用して、
「ぬばたま」をめくったらハズレの「忍者めくり」とか……(笑)。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ヴァンガード | コメント:0 | トラックバック:0
ひとつ新しい記事:ヴァンガード:最新公式情報《銀の茨の竜使いルキエ》

ヴァンガードブログ《蒼の月夜》

ひとつ前の記事:TCG:オフ会を開催しよう!
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| ヴァンガードブログ《蒼の月夜》 |